山下智久★女子高生と飲酒&お泊りデート報道★活動休止処分&事務所退所も現実味

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山下智久★女子高生と飲酒&お泊りデート報道★活動休止処分&事務所退所も現実味」の事をお伝えしたいと思います。

「7日付」「文春オンライン」は、「人気ジャニーズタレント」の「山下智久」が女子高生と飲酒を共にし、さらに「“お泊りデート”」をしたと報じました。「文春」によれば、「山下智久」はその日、同じく「ジャニーズ事務所」所属の「亀梨和也」や知人ら数人で飲み会に興じた後、そこに同席していた女子高生と「ホテル」で合流して同じ部屋に宿泊したといいます。

「ジャニーズ事務所」は「文春」の取材に対し、未成年との飲み会の部分については経緯を回答していますが、「“お泊り”」の部分については言及を避けています。「ジャニーズ」は基本的に「メディア」の取材に対して「“嘘はつかない”」事務所です。回答を避けたということは、事実であることを認めているように受け止められます。

「ジャニーズ」といえば昨年以降、「ジャニーズJr.」の「MADE」の「秋山大河」が女優、「神田沙也加」との不倫が報じられ、「HiHi Jets」の「橋本涼」と「作間龍斗」にも女性問題が浮上します。さらには今年「1月」に「デビュー」したばかりの「Snow Man」の「リーダー・岩本照」が、未成年女性らと「ホテル」で飲酒を伴う「合コン」に興じていたことが明るみに。そして「コロナ自粛下」での再三にわたる飲み会が災いとなり活動休止処分を受けていた「元NEWS」の「手越祐也」が、「6月」に退所に追い込まれるなど、「スキャンダル」が絶えません。

昨年、「所属タレント」の素行に厳しいとされる「滝沢秀明」が副社長に就任します。「秋山大河」の件では「MADE」を解散させたばかりか、「秋山大河」は事務所を退所します。「橋本涼、作間龍斗、岩本照、手越祐也」も活動休止処分となり、「人気タレント」だった「手越祐也」は結局、退所にまで追い込まれました。




事務所のなかで「ベテラン」ともいえる「“先輩株”」の「山下智久」は、本来であれば「若手タレント」たちの模範にならなければならない「ポジション」にいます。「滝沢秀明」は「山下智久」より「3歳年上」ですが、実質的にはほぼ「“同期”」といえる関係性です。もしここで「滝沢秀明」が「山下智久」に甘い対処をすれば、他の「タレント」たちに示しがつきません。今後の事務所経営にも影響してくるでしょうから、活動休止などの厳しい処分は避けられないでしょう。

「山下智久」といえば、数年前にも泥酔した挙句に女性を「ホテル」に「“お持ち帰り”」する様子が報じられたことがありましたが、「山下智久」の「“お持ち帰り癖”」は有名です。このほかにも、「2014年」には器物損壊の疑いで書類送検までされるという事件を起こしたりと、実はかなりの問題児なのです。一時は事務所内で干され気味の時期もありましたが、ここ数年は心を入れ替えて「“事務所に忠誠を誓った”」ともいわれ、今年「6月」に「Hulu」で世界同時配信された「ドラマ」「THE HEAD」にも抜擢されるなど、事務所からも「バックアップ」を受けていました。それだけに、事務所の怒りは大きいと思います。

「山下智久」は「ジャニーズ」を辞めた「赤西仁」や「錦戸亮」とも「プライベート」で親しいですが、もし活動休止などの厳しい処分が下されれば、彼らの影響もあってそのまま退所という「シナリオ」も「ゼロ」ではないと思います。

果たして「滝沢秀明副社長」ら経営陣は、「山下智久」に対しどのような判断を下すのでしょうか。

「人気ジャニーズアイドル」「山下智久」が「東京・六本木」の路上で口論になった一般人男性といた女性の携帯電話を持ち去ったとして、器物損壊の疑いで「2014年10月21日、書類送検」されました。報道によれば、「山下智久」は「6月24日」深夜、「山下智久」と同じ「ジャニーズ事務所所属」の「錦戸亮」「関ジャニ∞」、「元KAT-TUN」で「2月」に同事務所から独立した「赤西仁」と一緒にいたところ、一般人男性に声を掛けられ口論となり、その模様を動画撮影しようとした女性の携帯電話を「山下智久」が取り上げたといいます。後日、事務所関係者が携帯電話を警視庁に届け、女性は「山下智久」に携帯電話を使用不能にされたとして同署に被害を届け出ていたが、すでに示談が成立しており起訴されなかったようです。

一連の事態を受け「山下智久」は、主演映画「近キョリ恋愛」の舞台あいさつの場で「このたびは僕の行動でたくさんの方にご迷惑、ご心配をおかけしたことをこの場を借りてお詫び申し上げます」と謝罪します。深く反省した様子をみせましたが、その「山下智久」が書類送検される「約1週間前」の「10月15日、モデル」の「大森美知」を「ホテル」へ「“お持ち帰り”」していたと「週刊文春」「10月30日号」が報じています。「文春」によれば、「山下智久」は堀越高校時代の同級生である「大森美知」と居酒屋や「バー」を「3軒ハシゴ」し、日付が変わるとふたりとも泥酔の様子で「タクシー」に乗り込み、「高級ホテル」の「セルリアンタワー東急ホテル」「渋谷」に入り「エレベーター」へ消えていったといいます。ちなみに、その時「山下智久」の手には「カードキー」があり、その日の午後「山下智久」はひとりで「ホテル」を出て行ったといいます。




今回、自身の「“大胆な行動ぶり”」を報じられた「山下智久」ですが、週刊誌記者によれば、事務所はそんな「山下智久」の行動に以前から頭を抱えていたといいます。

すでに数多く報じられているとおり、「山下智久」と「赤西仁、錦戸亮」は以前から飲み仲間で頻繁に深夜の六本木で遊ぶ姿が目撃されていますが、実はそれゆえに一般人から声を掛けられた時の応対も慣れていてお手のものです。なので芸能記者の間では、今回一般人と「トラブル」が起こったことについて「山下らが、何かよっぽどのことをされたのではないか」と驚きの声も上がっていました。そもそも、「ジャニーズ事務所」は基本的に「所属タレント」が「ジャニーズOB」と接触することに対しては厳しく、「若手タレント」には「辞めた人間とは偶然会ったとしても話をしてはいけない」という指令まで出ています。「山下智久」と「赤西仁」はもともと友人であり、「山下智久」もそれなりに「キャリア」を持つ「タレント」なので、事務所としては「赤西仁」との交遊を禁止することもできず手をこまねいたようです。また、「赤西仁」の事務所独立はとても「“円満退社”」といえるものではなく、ふたりが日頃から派手に遊んでいれば「マスコミ」にも狙われるし、いつ酒の「トラブル」を起こすかもわかりません。そのため「6月」の事件を受け事務所は「山下智久」に対し厳しく注意したようですが、それ以降もおとなしくなる気配はなく、管理不能状態の「山下智久」に事務所も頭を悩ませていたようです。これ以上制御不能になれば、いくら「山下智久」といえども見放されてしまう可能性もあるのではないでしょうか。

そんな事務所も頭を悩ます「山下智久」ですが、一連の「スキャンダル」は今後の「山下智久」の活動にどのような影響を与えるのでしょうか。

六本木事件が報じられ世間に知れ渡り、事務所はその対応を通じて近く書類送検が行われる可能性があることは当然把握しており、「山下智久」に対して注意を促していたはずです。加えて主演映画の公開が迫る中で、私生活でも慎重な行動が求められる中、あけっぴろげに外で長時間酒を飲み酔ったあげく、「モデル」と「ホテル」にお泊まりする写真に撮られるというのは、あまりに軽率な行動だといえます。「山下智久」は昨年夏の「SUMMER NUDE」「フジテレビ系」に主演以降、「連続テレビドラマ」への「レギュラー出演」はありませんが、一連の「スキャンダル」で「山下智久」の「イメージダウン」は避けられず、今後の「CM」や「テレビ」への出演に支障が出る可能性もあります。

「人気アイドル」が自身の私生活のために活躍の場を失うような姿を、多くの「ファン」は望んでいないでしょう。

「山下智久」も「赤西仁&錦戸亮」のような退所の道を選ぶ時が来ているように思えますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました