手越祐也★暴露本の波紋広がる★BTSファンが舐めてると激怒

ジャニーズ
Pocket

こんにちは。
今日は「手越祐也★暴露本の波紋広がる★BTSファンが舐めてると激怒」の事をお伝えしたいと思います。

「8月5日、自身初」の「フォトエッセイ」「AVALANCHE ~雪崩~」「双葉社」を上梓した「元NEWS・手越祐也」です。世間では「“暴露本”」として注目を集めましたが、その内容は「ジャニーズファン」だけでなく、「K-POPファン」からも否定的な反応が上がるなど、波紋はいまだ広がっています。

同著は「告白フォトエッセイ」と銘打ったもので、有名人との恋愛遍歴や、さまざまな「スキャンダル」の舞台裏について言及した「1冊」です。「6月19日」をもって脱退した「NEWS」にまつわる「エピソード」をはじめ、「SMAP、嵐、SixTONESメンバー」らの個人名を出しているほか、「ジャニーズ事務所」に対する思いも打ち明けています。出版前の時点で物議を醸しており、「ジャニーズファン、女性アイドルファン」といった各方面から非難の声が噴出しました。

「大ブーイング」を受けたためか、「手越祐也」は「6日」に「インスタグラム」の「ストーリー」を更新し、「あー少し疲れたなぁ。俺も人間だった」「たまには弱音」と吐露します。かねてより、自身のことは「スーパーポジティブ人間」だと表現してきた「手越祐也」ですが、続く投稿でも「何やっても批判してくる人はどうでもいい。でも心から命のように大切にしてたファンがいなくなるのは耐えられない」「ごめんね。もうこの先2度と弱音は吐かないから!!」と、つづったのでした。




そして、同日夜にも「手越祐也」は「Twitter」にて「「本の反省」多少変な奴と思われるとは思ってたけど、ありのままの自分を伝えて、これからの俺を見てて欲しかったんだけど、やっちまったかぁー」と、後悔をにじませています。とはいえ、本音を隠して生きるのはつらいといい、「今回の本、誰かの弱味を暴露したとかではないから、そこは訂正させて欲しい」と訴えていました。

おそらく、「ネット」での「“炎上”」を把握し、さすがの「手越祐也」も怖気づいてしまったのでしょう。「ファン」からは「手越くんは悪くないよ!」「素直に反省できる手越くんが大好き。これからも応援するね!」と擁護の声も出ていますが、「言い訳するのはダサい」「手越が本音で話すことによって傷つく人もいる。自己中すぎ」「ファンをやめようとは思わないけど、今回の本は納得いかないから、ファンクラブ入会は見送る」などと、怒りや戸惑いを露わにする人も少なくありません。

そんな中、「Twitter」の「フォロワー数」の変化も話題に。「手越祐也」の「アカウント」は、発売前日の「4日午後6時台」で「138万人」を超えていたというのですが、「7日午後7時時点」の「フォロワー数」を確認すると、「約2万人」減って「136万台」となっています。「AVALANCHE」出版をきっかけに「フォロワー」が続々と離れたようで、彼を支持する人々の減少ぶりが、数字としても現れている形です。

一方、発売当初は「ジャニーズファン界隈」からの「クレーム」が目立っていたものの、ここへ来て韓国の「男性グループ・BTS」「防弾少年団」の「ファン」や、「K-POPファン」の間でも波紋を呼ぶことになっています。「手越祐也」は同書で、世界的な人気を誇る「BTS」と、「韓国・日本・台湾出身」の「メンバー」で構成された「女性グループ・TWICE」の活躍に触れつつ、「J-POP」は「グローバル市場で置いてけぼりにされていきました」と分析しました。その上で、「もし僕たちがBTSメンバーのように英語など他言語をしっかり勉強し、ハイブリッドな多国籍軍として世界進出を仕掛けていれば、今頃はNEWSやジャニーズ事務所がアジアでナンバーワンだったはずです。アメリカでビルボードのチャートに入るところまでいっていたと思います」などと、主張しているのですが。




この記述が「ネット」上に広まると、「手越くん、BTSは努力と実力でトップに立った人たちです。英語ができるから売れたんじゃありません」「スキャンダルばっかり起こしてる人がアジアでナンバーワンになれるわけがない。BTSについて簡単に語らないで」「BTSが売れたのは、他言語のおかげじゃなくて音楽性が世界に認められたからですよ。ジャニーズでも一番になれなかった人が何を言ってるの?」「K-POPを舐めすぎ!ジャニーズと比べるな!」と、「K-POPファン」から袋叩きにされていました。

こうした騒ぎは、かつて同じ「NEWS」で活動した「元ジャニーズ・錦戸亮」の耳にも入ったようです。「ファン」の書き込みによると、「5日」に「大阪城ホール」で行われた「RYO NISHIKIDO FAN MEETING 2020」で、「錦戸亮」は「もしかしたら僕もエッセイを出すかも……」と冗談交じりに「トーク」したそうです。「あいつがよぎる!」と暗に「手越祐也」を「ネタ」にする発言もあったようで、場内には「クスクス」と笑いが起こったほか、最終的に「俺はエッセイは出しません!」と、宣言したそうです。同著では「錦戸亮」について述べている箇所もあり、本人が目を通したかどうかは定かではありませんが、ついつい「ファン」の前で語りたくなるほどの衝撃だったのでしょう。

今回の「AVALANCHE」を機に、広範囲にわたって敵を作ってしまった「手越祐也」です。これからも「“自分中心”」の「ポジティブ」な「キャラクター」で突き進んでいくべきかどうか、一度立ち止まって考えるべきなのかもしれないですね。

他人のことを題材にして注目を浴びようとする考え方があまりにも幼なすぎますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました