山下智久★来年退所予定だった★未成年お持ち帰り報道★ジャニーズが処分発表しない訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山下智久★来年退所予定だった★未成年お持ち帰り報道★ジャニーズが処分発表しない訳」の事をお伝えしたいと思います。

「8月7日、ニュースサイト」「文春オンライン」に、未成年との飲酒とお持ち帰りを報じられた「山下智久」です。すでに「ネット」上でも特定されている「“お相手”」は、「17歳」の「女子高生モデル・A子」で、複数の条例違反となりかねない事案だけに、「ファン」からは、「山下智久」に相応の処分が下るのではないかと心配の声が多数上がっています。「山下智久」や「ジャニーズ事務所」は現状、表立った「アクション」を起こしていませんが、この件に関しては「“スルー”」を選択するつもりなのでしょうか。

記事によると、「山下智久」は「7月末、KAT-TUN・亀梨和也」とともに港区の「会員制バー」で、居合わせた複数の人物と酒を飲んでいたといいます。その後、「山下智久」は都内の「高級ホテル」に移動し、時間差で訪れた「A子」とともに、「約8時間」滞在していたそうです。




「ジャニーズ」は「文春」の取材に対して、「A子」とは「バー」で偶然居合わせたこと、「山下智久」と「亀梨和也」は「A子」が未成年だと把握していなかったことを強調しています。女性との「ツーショット写真」は「キャッチ」されていないためか、「2人」が「ホテル」に向かった部分については、特に言及していません。過去に未成年との飲酒が問題になり、活動休止処分となった「Snow Man・岩本照」や「NEWS・小山慶一郎」の時と似たような状況ではありますが、今回の件での「“処分”」については「ペンディング状態」になっているようです。

記事が世に出た直後は、「ジャニーズ」内部からも「即刻、処分すべきでは」といった声が出ていたといいます。

新聞や「テレビ」は「スルー」しても、「ネット」上での情報拡散は止めようがないし、何より「スルー対応」では、過去の「“前例”」を覆すことになります。ですが今回、「ジャニーズ」は、特に飲みの席だけの「亀梨和也」に関して「徹底的に守る」という姿勢だという話も聞こえてくるだけに、もし今後、「山下智久」に何らかの処分が下ったとしても、「バランス」を取って寛容なものになりそうです。




「山下智久」は今年、「亀梨和也」とともに「亀と山P」として、「CDリリース」や「ドームコンサート」を予定していましたが、「コロナ禍」により「リリース」は延期、「コンサート」も中止に追い込まれてしまいました。

以前から、この「コンサート」をもって、「山下智久」は「ジャニーズ」を退所すると言われてきました。事前にこうした情報が流れているということは、つまり「“クビ”」ではなく「“円満退所”」で、今後も「ジャニーズ」との交流を続けていくとみられていたのです。ところが、「ジャニーズ」での「“最後の大仕事”」が延期されたことにより、退所の時期も先延ばしになる可能性が濃厚となっていました。その矢先に今回の「スキャンダル」が勃発したということで、「来年には事務所を辞めるのに、いま活動を休止させるのか否か」という点にも、関係者は頭を悩ませているのではないでしょうか。

「山下智久」の進退に関しては、今後予断を許さない状況であることは間違いありませんが、まずは的確な差配で多くの「ファン」を納得させてほしいものですね。

拡散が続いている以上「ジャニーズ事務所」も「完全スルー」を貫く訳にはいかないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました