松島聡★活動再開★岩橋玄樹の動向に熱視線★ジャニーズは相当慎重になっている

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「松島聡★活動再開★岩橋玄樹の動向に熱視線★ジャニーズは相当慎重になっている」の事をお伝えしたいと思います。

「8月12日、ジャニーズ事務所」が「Sexy Zone・松島聡」の芸能活動再開を発表したことで、現在も活動休止が続いている「King&Prince・岩橋玄樹」の復帰について、「ネット」上で取り沙汰されています。「パニック障害」の加療のため、「2018年秋」から芸能活動を休止していた両者ですが、「岩橋玄樹」は当初より「“引退説”」がささやかれ、その進退について関係者の間では「“タブー視”」される向きも強かったというのですが。

「岩橋玄樹」は「キンプリ」が「デビュー」した「2018年5月」から「約3カ月後、ドキュメンタリー番組」「RIDE ON TIME~時が奏でるリアルストーリー~」「フジテレビ系」の中で、「パニック障害」を患っていることを告白します。「同年10月」より芸能活動を一時的に休止し、以降、「グループ」は「5人」で活動を続けています。




「デビュー」から半年足らずでの活動休止とあって、「グループ」に勢いをつけたい大事な時期に穴を空けてしまったことに「岩橋玄樹」本人は相当な焦りがあったようです。昨年「2月」には、一部活動を再開すると発表したものの、「2週間後」に「ジャニーズ事務所」から「再度不安定な状況に陥ったことから、医師より入院加療が適切であるとの診断を受け、活動再開を見送らざるを得なくなりました」と発表されました。

これにより、すでに制作を終えていた「3rdシングル」「君を待ってる」は、「岩橋玄樹」を除いた「メンバー」で「レコーディング」をやり直し、発売日を延期するなど、関係者は対応に追われました。

この「“再開撤回”」は、活動休止が現在まで長引くことになった大きな要因の一つとも言えるでしょう。「岩橋玄樹」本人はもちろん、「キンプリメンバー」や事務所は再始動を諦めているわけではありませんが、一方で「グループ」がどんどん売れていき、ほかの「メンバー」との格差が生じてしまっていることもまた、「岩橋玄樹」にとっては多大な「プレッシャー」になっているようです。




ですが、その「“プレッシャー”」が、昨年の失敗を招いてしまったとあって、やはり「ジャニーズサイド」は「岩橋玄樹」の復帰に関して、「相当慎重になっている」のだといいます。

それでも「岩橋玄樹」とは遠からず近からずの距離感で、復帰に向けて話し合いの場を設けていくそうです。今回の「松島聡」の復帰が、「岩橋玄樹」の心に焦りを生まなければいいのですが。

周囲の協力を得ながら、「岩橋玄樹」がいつかまた「キンプリメンバー」として活動できる日が訪れることを期待したいですね。

時間が掛かろうとも「岩橋玄樹」の復帰に繋がることを祈りたいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました