山下智久★12月退所も海外デビューは無理★未成年女性とのホテル報道で世界的総スカン

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山下智久★12月退所も海外デビューは無理★未成年女性とのホテル報道で世界的総スカン」の事をお伝えしたいと思います。

「山下智久」が今年「12月」に「ジャニーズ事務所」を退所すると、「週刊女性」「8月18日発売、主婦と生活社」が報じ、「ファン」に衝撃が走っています。

記事によれば、「山下智久」は「日本でやり残したことはない」と現在は海外での活動を視野に入れており、「契約更新3カ月前」である「9月」に事務所に退所を申し入れる予定でいるといいます。




「山下智久」といえば、昨年「9月」に「ハリウッド俳優」の「ウィル・スミス」の事務所と契約したと海外の「メディア」で報じられています。さらに現在は「Hulu」で配信されている「ドラマ」「THE HEAD」にも出演し、主題歌も担当するなど、海外も視野に入れて活動しています。

海外で羽ばたくという壮大な夢を追いかけている「山下智久」です。退所もそのひとつなのでしょう。

ですが、そんな「山下智久」に対して業界内では「厳しいのでは?」という声が聞こえているのです。




まず、今年は「KAT-TUN亀梨和也」との「ユニット」での活動を予定していたのですが、それが「新型コロナウイルス感染拡大」により延期になっています。「ファン」はかなり楽しみにしているだけに、それをこなさずに退所するとなれば、反発を受けるでしょう。また、強引に退所すれば事務所からのそれ相応の制裁もあるかもしれません。

さらに、「山下智久」は先日「7日」、「週刊文春」「文藝春秋」の「ウェブサイト」「文春オンライン」で「未成年女性タレント」との「ホテル密会報道」があったばかりです。これは海外でも報じられています。未成年との「スキャンダル」に関しては日本よりも海外の方が厳しいようです。報じられてしまい世界的に知られているのですから、この先「海外デビュー」は厳しいと思います。

報じられた相手の「未成年女性タレント」が年齢詐称していたことで「“はめられた”」という見方もありますが。海外ではそんなことは「通用しない」かもしれません。

国内であれば「ジャニーズ事務所」の強い後ろ盾がありますが世界から見れば「山下智久」の知名度もまだまだでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました