手越祐也★暴露本は売上2万5,000部★10万部突破でサイン会は夢のまた夢に

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「手越祐也★暴露本は売上2万5,000部★10万部突破でサイン会は夢のまた夢に」の事をお伝えしたいと思います。

今年「6月」に「NEWS」を脱退、「ジャニーズ事務所」からも退所した「手越祐也」が、「8月5日」に「初フォトエッセイ」「AVALANCHE ~雪崩~」「双葉社」を発売しました。同書は、「8月17日付」の「オリコン週間 BOOKランキング」「8月3日~8月9日」で、「初登場2位、推定売上部数」は、「2万5,461部」を記録しましたが、「前評判に比べるとパッとしない結果だった」といいます。




「AVALANCHE」は、「手越祐也が本当に伝えたかったメッセージ」がつづられた一冊との触れ込みで、「NEWS」や「テゴマス」、また「ジャニーズ事務所」の「先輩・後輩」についての率直な思いや秘話、過去の熱愛報道の真相、さらには今後の展望について赤裸々に明かしています。

発売前から、「ジャニーズファン」を中心に話題を集め、「オンライン書店」での予約も好調で、文字が「メイン」となる書籍の初版としては、現在の出版界で異例となる「5万部」と「各メディア」で盛んに報じられました。「手越祐也」も手応えを感じていたのか、発売同日に開かれた記者会見では、「10万部を突破したら、サイン会を行う」という公約を表明します。ですが、ふたを開けてみると、「サイン会」は「“夢のまた夢”」という数字でした。本人が思っている以上に、「手越祐也」に関心を持ち、お金を払おうとする人は少なかったようです。

また、「手越祐也」の突然の退所に「裏切られた」と感じる「NEWSファン」が「“暴走”」したことも、売り上げに影響を及ぼしたのかもしれません。




同書には、「NEWSメンバー」の「“舞台裏”」でのやりとりが克明に記されており、「ネット」上では、「一部NEWSファン」から「知りたくなかった」「全部ペラペラ話す必要なんてないのに」などの不満が続出し、「ジャニーズファン」の間で大炎上になりました。そもそも世間で「“暴露本”」と呼ばれるような「エッセイ」を出すこと自体、受け入れがたいという「ファン」も少なからずいました。そんな「ファン」の中には、怒りに任せて、中身を撮影した画像を大々的に「SNS」でばら撒く行為に走る者もおり、これが売り上げの伸びに「ストップ」をかけた可能性があります。当然、これは違法行為だけに、版元の双葉社も同書の「公式Twitter」に、「悪質なものに対し弊社法務担当より警告を発しています」とする文書を掲載していました。

著書の炎上を受け、自身の「YouTubeチャンネル」「手越祐也チャンネル」を更新して、「一番大事にしなきゃいけないファンの皆さまに「私は本当に手越祐也を今後も応援していいのだろうか?」とか、そういうふうに思わせてしまったというのは、僕の至らない点でもありました」と謝罪していた「手越祐也」。現状「10万部突破」の目標を達成するのはなかなか難しい現状にあり、このままでは本を売るために「サイン会」を開いたほうがよさそうですが、本人は「リアル」な「“売上部数”」をどう受け止めているのでしょうか。

今夏の暴露本に限り「手越祐也」の思惑通りにはいかなかったようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました