北山宏光&内田理央★熱愛報道&格下タレント★ジャニーズ事務所が後追いNGの訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「北山宏光&内田理央★格下タレント★ジャニーズ事務所が後追いNGの訳」の事をお伝えしたいと思います。

「8月22日~23日」に放送された「チャリティー特番」「24時間テレビ43 愛は地球を救う」「日本テレビ系」の「エンディング」に合わせて、「メインパーソナリティ」を務めた「Kis-My-Ft2・北山宏光」の熱愛が「ニュースサイト」「文春オンライン」に報じられました。お相手は女優の「内田理央」で、「2人」は「コロナ禍」の影響もあってか、もっぱら「北山宏光」の自宅で逢瀬を重ねているといいます。「テレビ」や新聞では後追い報道はなく、その理由は「ジャニーズ事務所よりNGが出ているから」だというのですが、一方で「内田理央」の事務所は当初、「後追い報道にストップをかけなかった」ようです。

もともと同じ「バー」の常連客同士だった「2人」は、今年に入ってから交際を「スタート」させます。「文春」としては、「ツーショット」や、もっと「インパクト」のある「トピック」とともに報じたかったはずですが、出かけることなく「自宅デート」を満喫中ということで、そういった写真や「ネタ」も得られず、せめてもと思い、話題性のある「24時間テレビ」放送の「タイミング」に合わせて記事を公開したのでしょう。




そんな中、「マスコミ関係者」の間では、熱愛報道に対する両者の事務所対応について、「足並みが揃っていない」と指摘されているようです。

「北山宏光」所属の「ジャニーズ事務所」は、「熱愛スキャンダル」の後追い報道は基本的に「全面NG」で、今回もそのような対応となりました。一方で、「内田理央」所属の「レプロエンタテインメント」からは、特に「ストップ」はかからず、後追い報道に対する「コメント」まで用意したそうです。

それは、「プライベートについては、YouTube「だーりおCHANNEL」以外で特にお話する予定はありません」というもので、「文春」に事実関係を問われて発表した「コメント」と同じ内容だといいます。

「マスコミ関係者」からは「結局、YouTubeの宣伝かよ」と「ツッコ」まれていましたが、一方で「ジャニーズがNGを出さなければ、後追い報道OKだったんだ!」という驚きの声も飛び交っています。確かに一般的な「熱愛報道」ですし、同性人気の高い「内田理央」の「イメージ」がこれで悪くなることもありません。同じく「レプロ所属」の「マギー」が不倫疑惑を報じられた際などに比べれば、今回の「レプロ」の対応は実にあっけらかんとしていました。




一方で「ジャニーズサイド」からすれば、「内田はお眼鏡にかなわなかったのでは」という意見もあるようです。

「ジャニーズ」は、「嵐・櫻井翔」と「小川彩佳アナウンサー、V6・森田剛」と「宮沢りえ」の熱愛が報じられた際、「マスコミ」に対し、暗に交際を認めていました。相手女性が、「自社タレント」より格上だったり、また「イメージ」を損わない人物と判断されれば、後追い記事くらいに目くじらは立てないものの、今回は最初から「報道NG」。つまり、「内田理央」では役不足だったのでしょう。「ジャニーズ」にしてみれば、「内田理央」は「北山宏光」より格下かもしれませんが、「正直、知名度や仕事内容から言っても、2人は同格くらいのタレントでは?」と指摘する「マスコミ関係者」は多いようです。

ですが、そんな「2人」も、いずれは事務所公認の「カップル」になるかもしれません。もちろん、それまでに破局してしまわなければの話ですが。

ある意味後追い報道が「NG」にされたことで「2人」の愛が深まっていく可能性が高まったとも言えますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました