大野智★嵐活動休止直後に退所★シューイチ不自然編集★ファン不安視

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「大野智★嵐活動休止直後に退所★シューイチ不自然編集★ファン不安視」の事をお伝えしたいと思います。

「9月12日」放送の「THE MUSIC DAY 人はなぜ歌うのか?」「日本テレビ系」内の「ジャニーズシャッフルメドレー」にて「嵐」の「大野智」が「V6」の「坂本昌行」と「Kinki Kids」の「愛のかたまり」を歌唱するも、その「カメラワーク」が不自然だと「ファン」の間で話題になりました。

さらに、その翌日放送された「シューイチ」ではふたりの「歌唱シーン」が「全カット」されたとして物議を醸す事態となっています。




「THE MUSIC DAY」ではふたりが歌っている際、それぞれを「ソロ」で映す「カメラワーク」があまりに多かったため、放送時から「ファン」の間で映し方が不自然だと話題になっていたのです。

「ファン」の中には、「大野さんが退所したあとに過去映像を使いやすくするためではという声も上がっていたほどです」

そこへ持ってきて、「9月13日」放送の「シューイチ」で「ジャニーズシャッフルメドレー」を紹介した際、「大野智」と「坂本昌行」の歌唱場面がなぜか「全カット」されているという編集がなされていたため、「ネット」では「大野智ファン」からの怒りの声が続出しました。

「ジャニーズシャッフル、大野くんいないことになってるのか」「編集があからさますぎてワロタ」「大野さんはお休みでなく退所ですね。あまりに露骨な編集」といった批判の意見が多数寄せられていました。




とはいえ同日放送の「シューイチ」では「Kis-My-Ft2」の「二階堂高嗣」が「大野智」と「メール」のやり取りをしたり連絡先を交換したという「エピソード」を披露していたので、もし「大野智」の「シーン」を意図的に流さないのならそこを「カット」しないのはおかしいという疑問も残ります。

ですが、ただでさえ「大野智」の活動休止後の動向を心配する「ファン」が多いなか、今回の「“愛のかたまり全カット”」のような編集をすれば批判の声が集まるのは当然だと思います。

はたして今回の一連の放送は、今後の活動休止後の「大野智」の動向と関係があるのか否か。「ジャニーズ事務所」や「日本テレビ」は、「ファン」にかなりの不信感を抱かせる事態を招いてしまったようですね。

「日本テレビ」が「ジャニーズ事務所」に何らかの忖度があったように思えてならないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました