山下智久★来月にも復帰報道★亀と山P再始動強行なら亀梨和也のイメージにも悪影響

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山下智久★来月にも復帰報道★亀と山P再始動強行なら亀梨和也のイメージにも悪影響」の事をお伝えしたいと思います。

「女子高生モデル」との「飲酒&お持ち帰り疑惑」が原因で謹慎処分を受けている「山下智久」が、「10月」にも芸能活動を再開させると報じられました。未成年絡みの問題を起こしたことで海外進出が頓挫しそうだとも伝えられましが、それどころか国内でも「早すぎる」といった厳しい声が続出しています。

「22日付」の「日刊ゲンダイDIGITAL」によると、「山下智久」は「約3年」ぶりに再始動させるはずだった「亀梨和也」との「ユニット」「亀と山P」の「初オリジナルアルバム」発売などを控えたまま活動休止になってしまいました。この「プロジェクト」は遅くとも年内には仕切り直して「再スタート」させねばならず、「ジャニーズ事務所」は「2カ月」ほどで謹慎処分を解く方向だというのです。




また、「山下智久」は海外進出に際して「米カリフォルニア州」の「マネジメントオフィス」と業務提携を結んでいますが、「アメリカ」は薬物事件以上に未成年絡みの事件への「ペナルティ」や世間の目が厳しいようです。もし「オフィス側」に「問題アリ」と判断されれば、契約が白紙になって海外進出が頓挫する可能性もあるといいます。

ですが、実際は海外活動どころではなさそうです。いまだに国内からも厳しい声が寄せられており、今のままでは日本での復帰すら困難を極めそうなのです。

今回の「来月にも復帰」報道に対し、「ネット」上では「お持ち帰りについて黙ったまま復帰したらずっとモヤモヤが残る」「飲酒はまだしも未成年とのお泊り疑惑はスルーできないよ」「このままヌルっと復帰しても、未成年の子と酒飲んでホテル行ったんだよねってイメージ抜けないと思う」「臭いものに蓋して出てきても世間からバッシングされるだけ」といった「辛口コメント」が殺到しています。

「バー」でお店側から女の子を紹介されたという経緯があるため、相手が成人していると思い込んでも仕方ない部分があります。そういう意味では、飲酒については同情すべき点はあります。ですが、未成年とのお泊り疑惑は事実なら大問題になります。それがお酒の場に同席していた「亀梨和也」との処分の差に現れているわけで、「ジャニーズ事務所」も重大な点と認識しているはずです。であれば、やはりお泊り疑惑についてしっかり説明するのが筋です。うやむやのまま復帰しても「イメージ」が残ったままだと「スポンサー」から敬遠されやすくなり、以前のような活躍は難しくなるでしょう。




現在、「ジャニーズ事務所」は「滝沢秀明副社長」が「“風紀委員長”」となって「コンプライアンス」を強化中です。今の「イメージ」を引きずったままなら、復帰したところで遠くないうちに事務所内で居場所を失うのは目に見えています。

また、「ジャニーズ肝煎り」の「亀と山P」再始動に関しても、世間からは「“未成年飲酒問題コンビ”」と見られてしまう可能性があります。となれば、「山下智久」だけでなく「亀梨和也」の「イメージ」にも深刻な悪影響を及ぼすことになりかねません。そうなると「山下智久」の「来月復帰」に「ゴーサイン」は出せず、活動休止が長引くこともあり得ます。

今まで「ジャニーズタレント」の中でも別格の人気を誇っていた「山下智久」ですが、事務所にとっても腫れ物のように扱いに困る存在になってしまったようですね。

やはり「山下智久」の早期復帰には疑問を感じずにはいられないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました