宇宙Six★解散で滝沢秀明に批判集中★最終決定は藤島ジュリー景子社長

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「宇宙Six★解散で滝沢秀明に批判集中★最終決定は藤島ジュリー景子社長」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」の副社長を務める「滝沢秀明」が、「10月4日、ジャニーズJr.内ユニット・宇宙Six」の解散を明かしました。「宇宙Six」に関しては「同2日、ニュースサイト」「文春オンライン」が、「メンバー・山本亮太」の「闇スロット」通いなどを報じ、本人は同日付で契約解除されたとも伝えていましたが、「滝沢秀明」によると、「3日付」で「グループ」も解散したといいます。

「滝沢秀明」は「4日、初監督」を務めた「Snow Man主演」の映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」「12月4日公開」の特別上映初日を迎え、報道陣からの取材に対応しました。そこで「山本亮太」の件にも触れ、「心苦しかったですけど、僕の口から「山本に契約解除を伝えた」」と説明しました。「滝沢秀明」は、「山本亮太」に「滝沢歌舞伎」出演経験があることにも言及しつつ、「今回のことはかばいきれなかった。悔しい思いが強い」と、無念を滲ませていたといいます。




また、残された「メンバー」の「松本幸大、江田剛、原嘉孝」は、「3人」で話し合った末に「連帯責任なので、ケジメとして解散」することを決断したとのことです。この報道を受け、「ネット」上の「ファン」からは「まさかグループまで解散するなんて」などと悲痛な「コメント」が飛び交っていますが。

昨年「7月」に「前社長・ジャニー喜多川さん」が亡くなって以降、その思いを継ぐ「滝沢秀明」の「タレント育成力」に注目が集まっていましたが、いつの間にか、「“不祥事を起こしたタレントにペナルティを与えるのも仕事”」といった「イメージ」まで世間に浸透します。今回「スキャンダル」が報じられた「山本亮太」についても、「“滝沢秀明が契約解除を決めた”」と思う「宇宙Sixファン」もいるようで、「一部ネット」上には「クビにしたくせに、悔しいとか何なの?」「宇宙Sixは見捨てられたんだ」「タッキーがペラペラしゃべってるのもムカつく!」といった批判も出ています。

「ジャニーズ」の不祥事といえば、「8月7日」にも「文春オンライン」が、「山下智久」と「KAT-TUN・亀梨和也」の「“未成年女性2人との飲酒同席”」を「スクープ」し、「山下智久」に関しては、そのうちの一人をお持ち帰りしていたと報道します。これを受け、事務所側は「同17日、亀梨和也」は厳重注意処分に留めましたが、「山下智久」を一定期間の活動自粛としたことを発表しました。この処分に関しても、「滝沢秀明」が決定したものとして、「ジャニーズファン」の間では賛否両論となっていましたが。




「滝沢秀明」が担当しているのは、あくまでも「Jr.」の発掘と育成、また活動の場の「プロデュース」です。不祥事の「ペナルティ」も含め、決定権は全て、「藤島ジュリー景子社長」にあります。「山本亮太」の件も、「滝沢秀明」の口から契約解除を伝えただけであって、処分を最終決定したのは「藤島ジュリー景子氏」でしょう。「宇宙Six」の解散についても、「滝沢秀明」は「メンバー」たちの意向を受けた後、「藤島ジュリー景子氏」にも話を通しているはずです。ですが、彼女は表に出たがらないどころか、報道に名前が出ることも嫌がる「タイプ」です。そのため、何かあると矢面に立たされるのは「滝沢秀明」となっていて、「メディア関係者」からは「かわいそうに」「気の毒すぎる」といった同情の声も出ています。ただ、「滝沢秀明」本人としては、それで事務所や「藤島ジュリー景子氏」を守れているなら と、あまり気にしていないようです。

「滝沢秀明」も、「山本亮太」の契約解除や「宇宙Six」の解散は、「本当に残念に思っていることだろう」との指摘もあるようです。何かあるたびに、「ジャニーズファン」の怒りが「滝沢秀明」に集中する事態は、いつまで続くのでしょうか。

「滝沢秀明」も副社長の立場上であるが故に理不尽なことにも我慢を強いられているのは間違いないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました