宇宙Six★解散発表★滝沢秀明氏の近影NG★タッキーの声、珍しい&顔も見せて

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「宇宙Six★解散発表★滝沢秀明氏の近影NG★タッキーの声、珍しい&顔も見せて」の事をお伝えしたいと思います。

「東京・新宿歌舞伎町」にある「“闇スロット店”」に出入りしていたとして、「10月1日付」で「ジャニーズ事務所」との専属契約を解除された「宇宙Six・山本亮太」です。これに関し、「ジャニーズ事務所」の「滝沢秀明副社長」が「10月4日、主要スポーツ紙数社」の取材に応じました。

「12月」公開予定の映画「滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie」の「特別上映会」に訪れた「滝沢秀明氏」は、会場で「サンケイスポーツ、デイリースポーツ、スポーツ報知、日刊スポーツ」などの合同取材を受け、「宇宙Six」の解散を発表しました。




「滝沢秀明氏」は、「彼「山本」がすごく小さいときから「自分の」バックをやってもらった」「今回の出来事は庇いきれなかった。僕も正直悔しい思いのほうが強い」と苦しい胸の内を語ったほか、「宇宙Six」の「江田剛、松本幸大、原嘉孝」から「これは連帯責任なので、けじめとして解散という形をとらせていただけないでしょうか」と解散の申し出があったことなどを詳しく説明したといいます。

「ネット」上では、突然の解散発表に「宇宙Sixファン」から悲鳴が上がると同時に、「滝沢秀明氏」が自ら取材に応じたことが大きな話題になりました。「タッキーが取材受けるのって珍しい!」「近況がわからないから、生の声はうれしい」といった声が上がっています。

とはいえ、今回、取材に対応したのは「ジャニーズ事務所」の御用媒体のみでした。どの「スポーツ紙」も「5日」の「朝4時」きっかりに記事を公開しており、相変わらずの報道統制ぶりが窺えります。




また、どの記事にも「滝沢秀明氏」の写真が掲載されていないことから、「ネット」上では「コメントだけじゃなくて、顔も見たい!」「スポーツ紙様、タッキーの近影を載せてください」という声もあったようです。

ですが、写真嫌いで有名だった「ジャニー喜多川氏」の「ルール」に「滝沢秀明氏」が倣っているとも「ウワサ」されており、今後も近影が出回ることはあまり期待できないかもしれません。

表舞台から退いてからというもの、裏方に徹している「滝沢秀明氏」です。顔が出ない取材記事も、「ファン」にとっては貴重のようですね。

今回ばかりは「滝沢秀明氏」も「宇宙Six」の「メンバー」に対しある程度の猶予を与える気持ちにはなれなかったようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました