King&Prince★デビュー曲格差売り★Kis-My-Ft2・Sexy Zoneの二の舞い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「KingPrince★デビュー曲格差売り★Kis-My-Ft2Sexy Zoneの二の舞い」の事をお伝えしたいと思います。

5月23日」に「デビューシングル」「シンデレラガール」を「リリース」する「KingPrince」です。現在放送中の「平野紫耀さん」「出演ドラマ」「花のち晴れ花男 Next Season~」「TBS系」の主題歌として使用されており、すでに「ファン」の間でも話題になっている楽曲です。

発売に先駆けて、「4月24日」には「初回限定盤A初回限定盤B通常盤」と「3種」の「ジャケット写真」が公開されました。真っ白な衣装に身を包み、さわやかな笑顔を浮かべる「メンバー」の写真が「KingPrince」らしい仕上がりになっているのですが、「初回限定盤B」の「ジャケット」をめぐり、「ファン」から不満の声が噴出しています。




騒動となっている写真は、「平野紫耀さん永瀬廉さん高橋海人さん」が前列で華やかな「ソファ」に優雅に腰掛けて脚を組んでおり、その後ろに「岸優太さん岩橋玄樹さん神宮寺勇太さん」が並んで立っている、という構図です。全員が精悍な表情で「カメラ」を見つめており、笑顔の写真が使用されている「初回限定盤A通常盤」とは一味違う雰囲気を醸し出しています。ですが、「ファン」からは「初回Bの写真グループ内格差が見えてちょっといい気分しない」「初回Bのジャケ写格差ありすぎでしょ 6人ちゃんと平等にしようよデビューシングルなんだし」「KingはソファでPrinceは棒立ちこれは明らかに格差だよね?」など、「メンバー」を前後に分ける構図が「“格差”」だとして非難を浴びています。

KingPrince」はもともと、「2015年」に「Mr.King vs Mr.Prince」として、現在と同じ「メンバー」で「ユニット」が結成されました。「2つのユニットが切磋琢磨する」といった「コンセプト」で作られたこともあり、「“3対3”」という構図で「ステージ」に立つことは珍しくなかったようです。ですが、「16年」以降は「Mr.King」「Prince」として別々の「ユニット」として活動することが増え、さらに仕事量にも差が出始めます。「15年」には「Mr.King vs Mr.Prince」「6人」で「イベント」「テレビ朝日六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の「スペシャルサポーター」を務めていましたが、「16年」には「Mr.King」「3人」のみで「スペシャルサポーター」を担当するなど、徐々に「Prince」が置いていかれるような形になっていました。そんな経緯があるため、「Kingが前Princeが後ろ」という構図を見て、「ファン」は「“格差”」を感じてしまったようです。

このような「“グループ内格差”」は、「KingPrince」の大先輩である「V6」のころからすでに生まれていました。「デビューシングル」「MUSIC FOR THE PEOPLE」「1995年」の「ジャケット」は「森田剛さん三宅健さん岡田准一さん」の写真が大きく使われ、「坂本昌行さん長野博さん井ノ原快彦さん」はまるで「“脇役”」のように小さく写っていました。もはや「ジャニーズ」では「“よくあること”」になっている面もありますが、同じ「グループ」内で「メンバー」に格差をつけることを良しとしない「ファン」は多いようです。




若手グループ」の中でも、「KisMyFt2」や「Sexy Zone」はあからさまな格差があった時代があり、「CDジャケット」だけでなく、着用する衣装や「ミュージックビデオ」に映る時間まで大きな差がつけられていました。このような歴史があるため、「KingPrince」の「ファン」からは「彼らの二の舞いになるのでは」と心配する声も聞こえます。

とはいえ、これから「デビュー」する「KingPrince」がどのような「グループ」になっていくかは未知数で、「CDジャケット」ひとつで「“格差売り”」とは判断できないでしょう。これからの活躍を見守り、応援していきたいものですね。

ファン」としては格差を少しでもなくして欲しいと思いますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。