小片リサ★ジャニオタ疑惑で活動休止を発表★裏アカ投稿で岸優太になりたい

ジャニーズ
Pocket

おはようございます。
今日は「小片リサ★ジャニオタ疑惑で活動休止を発表★裏アカ投稿で岸優太になりたい」の事をお伝えしたいと思います。

「ハロー!プロジェクト」の「女性アイドルグループ・つばきファクトリー」の「小片リサ」が、活動休止することが明らかになりました。実は、彼女に関して少し前から「SNS」の「“裏アカウント”」の存在が「ネット」上で「ウワサ」されており、拡散された「キャプチャ画像」の中には、事務所や「スタッフ」への不満をつづった投稿が見受けられたほか、「“ジャニーズファン”」だとわかる画像も含まれていました。今回、事務所側がこれらの流出騒動を認めた形となり、「ネット」上で驚きの声が続出しています。

「つばきファクトリー」は、「2015年」に結成され、「同年9月」に「1stインディーズシングル」「青春まんまんなか!」で「デビュー」します。現在「21歳」の「小片リサ」は、「グループ」の「サブリーダー」を務めていますが、「10月8日、ハロプロ」は「公式サイト」で「ハロー!プロジェクトのルールに反する事案が発覚」し、「小片リサ」本人もこれを認めたため、活動休止に至ったと発表しました。「ハロプロメンバー」が所属する「株式会社アップフロントプロモーション」の「代表取締役・西口猛氏」は、「本来なら誰にも見られることのない日記のようにSNSを使っていたようですが、中には思い込みも含めその時の感情に任せて書かれたものもありました」などと事情を説明した上で、「小片リサ」を「フォロー」しながら、今後も「サポート」するといった「コメント」を出していました。




「小片リサ」も同日に「ブログ」を更新し、「ハロー!プロジェクトのオフィシャルホームぺージのお知らせにあった通り、全て私のもので間違いありません」と言及しています。「ファン」に対して謝罪していますが、「“裏アカ”」の存在を知らなかった「ハロプロファン」は、「一体何があったの?」動揺しているようです。

「9月中旬」頃から、「小片リサ」の「“裏アカ”」とされる「インスタグラム」の「スクリーンショット」が「ネット」上に流出します。仕事の愚痴や、「メンバー」と関係者を批判するような内容だけでなく、「平野は好き、けど岸くんが一番好き、岸くんに関してはもはや憧れの域」「岸くんみたいに大人かっこよく歌いこなして あの顔できたらまじで気持ち良いと思う 岸くんになりたい」など、「King&Prince・平野紫耀」と「岸優太」に関する記述もありました。

「女性アイドル」が「“ジャニオタバレ”」した場合、「ファン」からの批判がつきものですが、「ネット」上の反応は「りさまるの裏アカ、「岸くんになりたい」ってかわいいな。ジャニオタの自分は逆に好感度上がった」「りさまるの裏アカ流出は残念だけど、人間味があっていいし、岸くん推しなのもいい」「小片リサちゃんの裏アカ、「岸くんと付き合いたい!」とかじゃなく「尊敬してる」みたいな感じで、嫌な感じがしなかった」など、今のところ辛辣な声は少ない様子です。




近年でいうと、今年「7月」に「STU48」を卒業した「新谷野々花」は、「現役メンバー」だった昨年春頃、「ジャニーズWEST」の日記を「“盗用”」した疑いが持たれたと同時に、「“ジャニオタ疑惑”」が浮上して騒ぎになりました。「重岡大毅、神山智洋」らが「ジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s web」内の日記に書いた文章と酷似する内容を、「新谷野々花」がたびたび自身の「ブログ」に「アップ」していたり、愛犬の愛称が「小瀧望」を思わせる「コタ」だったことも、「ジャニーズファン」から厳しい目を向けられることになりました。事態が発覚したあと、「新谷野々花」は「ライブ配信サービス」「SHOWROOM」の放送で、「ブログ」の「ネタ」に困った時に「お姉ちゃんの友達」に「面白い文章考えてや~」と相談し、教えてもらった文章をそのまま書いてしまった、と釈明していました。ですが、「ネット」上では「無理のある言い訳」「逆に怪しい」などと非難されていました。

さらに、今年「5月」には「STU48」の「看板メンバー・瀧野由美子」が、「公式Twitter」で「“誤爆”」してしまい、「ジャニーズJr.・横原悠毅ファン」だと判明しました。「瀧野悠毅」は「プライベート用」の「アカウント」と間違えたのか、「新垢/お出迎え/拒否なし」「横原悠毅くん」などと、「ファン仲間」を募集する書き込みを投稿してしまったのです。これだけでなく、「瀧野悠毅」が「横原悠毅」の私服とよく似た服を着ていたことや、「SHOWROOM」で生配信を行った場所が不自然だったため、「横原悠毅」との「“つながり疑惑”」まで浮上しました。「瀧野悠毅」はのちに、会員制の「モバイルメール」で「不適切な投稿」だったと「Twitter」の一件を謝罪し、「横原悠毅」については「一方的に応援している方々」だと主張していたそうです。とはいえ、これを機に「ジャニーズファン」からは「マーク」されているようです。

「新谷野々花」や「瀧野悠毅」と比べ、厳重に「“ジャニオタ”」であることを隠していたからか、「ジャニーズファン」からほとんど叩かれていない「小片リサ」です。これ以上、「イメージ」が悪くなるような投稿が見つからなければよいのですが。

「小片リサ」にこれだけ開き直ったような発言をされてしまうと「岸優太ファン」も責める気持ちにはなれないようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました