トラジャ★ViVi史上初表紙★デビューは決定済み★猛プッシュで仕事続々

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「トラジャ★ViVi史上初表紙★デビューは決定済み★猛プッシュで仕事続々」の事をお伝えしたいと思います。

「10月23日」発売の「ファッション誌」「ViVi」「12月号特別版」「講談社」の表紙を飾ることが発表された「ジャニーズJr.内の人気ユニット・Travis Japan」です。

「ジャニーズJr.」が表紙を飾ることは「ViVi」史上初とのことです。抜擢された理由は、今年「8月1日〜23日」にかけて行われた「ジャニーズJr.出演」の「生配信ライブ」「Summer Paradise 2020 俺担ヨシヨシ 自担推し推し 緊急特別魂」での初の「ソロ公演」で魅せた「パフォーマンス」に編集部が感動したから、だといいます。




「Travis Japan」といえば、「2012年」に結成され、今年で「8年」となる「7人組グループ」です。最年長が「26歳」、最年少が「21歳」と「10代」は在籍しておらず、「ファン」から長らく「デビュー」が待たれている「グループ」のひとつですが。

「7月末」には「“今年のサマパラを盛り上げないと結果によっては退所者が出る可能性があるからトラジャ担は危機感を持つべき”」という趣旨の「ツイート」が出まわり、「ファン」を心配させていたのです。

「ファン」が退所や解散を心配する理由のひとつに、「2019年8月8日」に行われた「ジャニーズJr.」の「東京ドーム公演」で「Snow Man」と「SixTONES」の「デビュー」が発表された際、「Travis Japanのメンバー・川島如恵留」が涙を流した、ということがあります。

この涙は、同じく「2012年結成」の「Snow Man」や「2015年結成」の「SixTONES」に先を超された悔し涙なのではないかと。その上、最近は「若手グループ」の「なにわ男子」や「美 少年、HiHi Jets」の勢いもすごい。「トラジャ」が焦るのは当たり前のことです。




そういった不遇な状況の中での今回の快挙に、「ネット」では「ファン」の喜びの声が続出しています。

編集部がこれだけ「グループ」を褒める「コメント」を出しているということは、今後も強い「プッシュ」が望めそう。ということは、「滝沢秀明副社長」がいよいよ「トラジャ」の売り出しに力を入れ始めたと思ってもいいのではないでしょうか。

「ジャニーズ事務所」の新星として華々しく「デビュー」する日も近いのかも知れないですね。

「トラジャ」の「デビュー」が他の「グループ」に影響を与えることは間違いないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました