速報‼ジャニーズ最新情報

山口達也★最後のチャンス★株式会社TOKIOと手越祐也の二者択一

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山口達也★最後のチャンス★株式会社TOKIOと手越祐也の二者択一」の事をお伝えしたいと思います。

「9月」に道交法違反「酒気帯び運転」の疑いで現行犯逮捕され、処分保留のまま釈放された「元TOKIOメンバー・山口達也氏」が、来春に本格始動する「株式会社TOKIO」に合流する可能性が浮上したと報じられています。多忙な「メンバー」たちに代わって、人間修行も兼ねた復興支援の「“実働部隊”」になるという「プラン」が持ち上がっているようです。

「23日付」の「東スポWeb」が「山口達也氏」の合流について報じており、かねてから「TOKIO」が注力していた福島県の復興支援を本格化させるにあたり、実働部隊として「山口達也氏」に白羽の矢が立ったと伝えられています。




「ジャニーズ事務所」の関連会社ではあるものの、「株式会社TOKIO」は一応は別会社として社長に「城島茂、副社長」に「国分太一」と「松岡昌宏」が就任します。今までは「ジャニーズ所属」ということで「グッズ販売」や肖像権などの制約が多かったのですが、別会社にすれば支援活動の自由度が上がるという狙いがあるようです。そうなると支援活動で地元の役所や企業との密接な連携が必要になりますが、「メンバー」たちが実際に交渉するのは現実味がなく、一般人の「スタッフ」を派遣するのも味気ないのです。そこで、「現メンバー」と同等の認知度がある「山口達也氏」が「“裏方”」として、実務を担当するという計画が持ち上がったようです。

「山口達也氏」が酒気帯び運転で現行犯逮捕されたことについて、「TOKIOリーダー」の「城島茂」は厳しい言葉を投げかけた一方で「人として終わってほしくはない」と「コメント」しました。さらに「今回のことをきちんと改めてもう1回受け止めて、ゆっくりでも一歩ずつ、一歩ずつ、未来に向かって自分の明日に向かって、進んでいってほしいなというのが切なる願い」と、激励ともいえる言葉を送っていました。

もはやここまできてしまうと、「山口達也氏」が「人として終わらない」ために救いの手を差し伸べられるのは、長年苦楽を共にしてきた「メンバー」たちだけでしょう。彼を孤立させてしまうのは得策でなく、「TOKIO」への復帰は難しくとも、「株式会社TOKIO」で「預かる」ということであれば世間の理解を得られる可能性があります。下働きで人間修行を続ければ、「山口達也氏」へ向けられる視線も変わっていくかもしれません。

その一方、「山口達也氏」に堂々と「ラブコール」を送っているのが「元NEWS」の「手越祐也」です。「手越祐也」は「農業支援プロジェクト」「手越村」の構想を発表しており、自身の「YouTube動画」で「山口達也氏」に対して「本当にカッコいいし、男気がある先輩。人生の先輩、農業の先輩として「農業」指導をしてほしい」などと協力要請しています。




あくまでも「ジャニーズ」の関連会社である「株式会社TOKIO」と完全に「フリー」で活動している「手越祐也」を比べれば、「手越祐也」に協力する方が「ハードル」は低いのです。ですが、「山口達也氏」が「手越村」「プロジェクト」に加わる可能性は低いといいます。

「2018年」の強制わいせつ事件「起訴猶予処分」をきっかけに「ジャニーズ事務所」を退所した後も、「ジャニーズ側」は「山口達也氏」と定期的に連絡を取って「サポート」の意思を示していました。それでも「山口達也氏」の暴走を止められなかったのは痛恨でしょうが、いまだに事務所側も「TOKIOメンバー」たちも彼のことを見捨てていません。「山口達也氏」はその気持ちに恩義を感じているでしょうから、「ジャニーズ」と「ケンカ別れ」した「手越祐也」に協力することはないでしょう。

いずれにしても、これが正真正銘の「最後のチャンス」になる可能性が高いのです。手を差し伸べてくれる仲間たちの思いを無駄にしないためにも、「山口達也氏」の更生と奮起に期待したいところですね。

「TOKIOメンバー」の「山口達也氏」に対する絆の深さが改めて伝わってきますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました