速報‼ジャニーズ最新情報

秋山大河&7ORDER★メジャーデビュー&再始動★ファンに報告

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「秋山大河&7ORDER★メジャーデビュー&再始動★ファンに報告」の事をお伝えしたいと思います。

かつて「ジャニーズ事務所」に所属していた「ジャニーズJr.内ユニット・Love-tuneメンバー」で結成された「7ORDER」の「メジャーデビュー」が決定し、「ファン」から祝福の声が相次いでいます。また、「女優・神田沙也加」との不倫疑惑騒動で世間を騒がし、今年「1月31日」をもって「ジャニーズ退所&表舞台」を引退した「元Jr.」の「秋山大河」が「“再始動”」を発表しました。「元ジャニ」の新たな門出が話題となっています。

「元Love-tuneメンバー」の「安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央」は、「2018年11月30日~19年3月31日」の間にそれぞれ「ジャニーズ」を退所します。「2019年5月22日」、「7ORDER project」の始動を報告し、「7人」が再び「“合流”」してさまざまな活動を行っていくことが明らかになりました。その後、「自主レーベル」を立ち上げて楽曲を「リリース」してきましたが、来年「1月13日」に「日本コロムビア」から「ファーストアルバム」「ONE」と、「DVD・Blu-ray」「UNORDER」を「リリース」し、「メジャーデビュー」を果たすといいます。

「Jr.時代」、同じ「ユニット」に所属していた「メンバー」が全員で「デビュー」するのは異例でしょう。「2017年7月」には、「元Jr.」の「岡本カウアン、川口優、羽生田挙武、高橋颯」が「ANTIME」「アンティム」を結成します。同時期に活動していた「メンツ」が退所後に「1つ」の「グルーブ」となり活動を始めたことは、「Jr.ファン」の間でも注目を集めました。ですが、彼らは「2019年5月末」で事実上の解散となり、現在は一緒に活動していません。




こうした経緯があるだけに、「ジャニーズファン」からも「7ORDER、事務所が変わっても7人一緒にいて、デビューを叶えるなんて 夢物語みたいで素敵」「メジャーデビューか。7ORDERはジャニーズをやめてよかったのかもね」「7人が報われてよかった!」「自分たちの力でメジャーデビューできたのは本当にスゴい!」と、驚きや歓喜の「コメント」が飛び交っています。

そんな中、今年春以降、消息不明となっていた「元Jr.内ユニット・MADE」の「秋山大河」も、「再スタート」を切り、「ファン」を安堵させています。「秋山大河」といえば、昨年「12月5日」の「女性セブン」「小学館」に「神田沙也加」との親密関係を報じられ、不倫疑惑が浮上します。記事が出る前日、「神田沙也加」は「2017年4月」に結婚した「俳優・村田充」とはすでに離婚していると報告し、双方の仕事の関係で公表を控えていたと説明しました。同誌の取材に対し、「神田沙也加」の事務所は「秋山大河さんとは日頃から仲良くさせていただいております。村田充さんとは既に離婚しており、秋山さんの事は村田さんも知っております」と回答します。不倫については否定するも、疑惑が晴れることはなかったようです。

そして今年「1月15日、秋山大河」の所属する「MADE」は同月末で解散となり、「メンバー」の「稲葉光、冨岡健翔、福士申樹」が事務所に残る一方、「秋山大河」は退所を発表します。「4人」は「Jr.」の「ファンクラブ」「ジャニーズジュニア情報局」の会員向け「ページ」にて、「2019年」春頃より「グルーブ」の将来について話し合いを続けてきたと記しましたが、「ネット」上では「このタイミングで大河だけジャニーズを辞めるなら、沙也加との不倫が原因だろうね」といった声も。「秋山大河」は表舞台から退き、今後は「コレオグラファー」「振付師」の道を目指すと宣言していましたが、今年「4月末」に行った「ライブ配信」で、「ファン」に「“本心”」を打ち明けたといいます。

この時点で「秋山大河」と「神田沙也加」の交際は続いていたようです。彼女のほうに問い合わせが殺到したりと、迷惑をかけないためにも、自分の口で退所理由などを話したいと思い、配信を決意したようです。また「秋山大河」は、以前から胸が痛くなる瞬間があり、治療を受け、薬を飲みながら仕事を続けてきたと告白します。一部で「ジャニーズに辞めさせられた」と「ウワサ」になっているものの、体のことを考え、「最終的に退所を決めたのは自分だった」などと説明しました。今後は「SNS」や「ライブ配信」を続けるつもりはないといい、これが「ファン」への最後の挨拶になるとみられていました。




その「秋山大河」が、「11月1日」に「俳優・釣本南」と「タッグ」を組み、「LiiiM.」なる「サイト」を立ち上げました。同日、「Twitterアカウント」を通じて「LiiiM.代表の秋山大河です。自分にできる事はなんだろう、自分達に出来ることはなんだろうと考えた時に出来たのがこのチーム「LiiiM.」でした」「自分が代表という立場でもありますので、皆様に安心して作品を楽しんで頂く為、そして商品ご購入の際にも安心して頂く為にも、ご挨拶をさせて頂きたくSNSを使用させて頂きました」と、「メッセージ」しました。「2019年」上演の舞台「イケメンヴァンパイア ◆偉人たちと恋の誘惑」の共演者であり、公私ともに親交を深めて来た「2人」が協力して「モノ作り」を行っていくようです。

「1stシングル」「So what?」の受注受付も始まりましたが、「Twitter」の「プロフィール欄」には「秋山大河は「振付」「構成演出」「デザイン」を。「釣本南」は「演劇」「アパレル」を。自分達に出来る事で小さな「可能性」と「希望」を」と書かれています。あくまで裏方に徹する「秋山大河」は、「Twitter」で「今回LiiiM.の初作品「So what?」ではデザインを全て担当させていただきました。CDジャケット全3種、Style Book、ブロマイド、ノベルティーも含め担当させていただき、自分の作品、自分たちの作品をお届けできることがとても嬉しいです」と、心境を綴っていました。「公式サイト」には始動に向けて撮影したと思しき「秋山大河」の近影写真も掲載されています。

不倫疑惑、突然の「グルーブ解散、退所」と「ショック」も大きかっただけに、「秋山大河」の退所時は複雑な気持ちのまま彼を見守っていた「ファン」も多かったでしょう。ですが、今回の発表を受けて、「大河くん、LiiiM.設立おめでとうございます!これからも応援するので頑張ってください」「これまで学んできたこと生かしてくれるのを楽しみにしてる」「釣本くんに感謝」「大河の活躍を見届けられるのはうれしい」と、好意的な「コメント」が多く出ています。「秋山大河」の手がけた「CD」や「グッズ」を購入することで、彼を応援できるとわかり、喜びを感じているようです。ちなみに、「LiiiM.」の「Twitter」は「元NEWS・手越祐也」の「Twitterアカウント」を「フォロー」しているのですが、「そのうち手越ともコラボレーションするのかな?」「手越のアカをフォローしてるけど、一緒になんかやるの?」と、期待の声も上がっています。

大手事務所を離れ、新しい道を歩み始めた「元ジャニーズ」たちです。これからも支えてくれる「ファン」を大切にしつつ、それぞれの仕事に邁進してほしいものですね。

「秋山大河&7ORDER」の新たな門出に「ファン」も大興奮のようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました