速報‼ジャニーズ最新情報

山下智久★超大作ハリウッド映画はチョイ役★海外進出よりとにかくジャニーズ辞めたかった

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山下智久★超大作ハリウッド映画はチョイ役★海外進出よりとにかくジャニーズ辞めたかった」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」からの「“事後報告”」電撃退所が発表された「山下智久」です。「ジャニーズ」からの報告によると、「山下智久」は未成年女性との「トラブル」で活動を自粛中に、「現在オファーがある海外作品に参加するため、契約満了前の退所を希望」したことから、当初の予定よりも前倒しで「ジャニーズ」との契約終了に踏み切ったといいます。これにより、ほぼ完成しているという「KAT-TUN・亀梨和也」との「コラボアルバム」も、「リリース」は宙ぶらりんとなってしまいました。

立つ鳥跡を濁さずとは程遠い、むしろ後ろ足で砂をかけるような退所といえるでしょう。「ジャニーズ」も退所の報告文で、「山下は、これから自身の思い描くキャリアを目指して歩んでいくこととなりますが、これまでと変わらず、ご支援賜れますと幸いでございます」と「エール」を送りつつも、「山下智久」が我を通す形で退所になってしまったことを、事細かに説明しています。




そんな退所のきっかけとなった海外作品は、米俳優の「ケビン・ハート、ウディ・ハレルソン」が出演する「ハリウッド映画」とのです。ですが「山下智久」は「メインキャスト」ではなく、あくまで「“チョイ役”」扱いなのだそうです。

報道では「制作費200億の超大作」などと盛り上げられていますが、「山下智久」の役は「キーマン」であったり、「メインストーリー」に絡むといったこともない、あくまで「“チョイ役”」だといわれています。それでも「ハリウッドデビュー」とはいえるかもしれませんが、中途半端な状態で日本の芸能界を飛び出したのは、海外進出したかったというより、「とにかくジャニーズを辞めたかった」のが本音ではないでしょうか。

「テレビ」をはじめとした「大手メディア」が、「ジャニーズ」に対して「“忖度”」することによって、退所者の芸能活動に支障が出てしまうのは周知の事実です。「山下智久」が将来的に、今回の退所について後悔しないことを祈るばかりですが。

日本の「ドラマ」や映画では主役級の扱いを受けている「山下智久」も「ハリウッド」の世界では脇役級の扱いになっているようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました