速報‼ジャニーズ最新情報

近藤真彦★不倫報道で批判噴出も憎めない★ジャニーズ忖度で大炎上も守ってあげたくなる

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「近藤真彦★不倫報道で批判噴出も憎めない★ジャニーズ忖度で大炎上も守ってあげたくなる」の事をお伝えしたいと思います。

「11月12日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」で、「25歳年下」の一般女性と「5年」にもわたり不倫関係にあったことが報じられた「近藤真彦」です。「ジャニーズタレント」の「トップ」に君臨しながら、特大級の不祥事を報じられたにもかかわらず、公に「コメント」をしないどころか、「テレビ」や新聞に「後追い禁止令」を出すなど、その事後対応にも批判が集まっています。ですが、「一部メディア関係者」からは、そんな「マッチ」にも不思議な「“エール”」が送られているといいます。

ある「テレビコメンテーター」は、番組出演前の打ち合わせで「なぜマッチに限って放送で触れられないの!?」と激怒したといいます。確かにこの「不倫スキャンダル」に関しての報道規制は異常なほどで、取り上げるどころか「ジャニーズに問い合わせするのも禁止」という、過剰すぎる「“忖度”」が発動しているのです。それだけ「ジャニーズ」にとって、「近藤真彦」は大事な「タレント」であり、「偉大な存在」とでもいうのでしょうか。




この事態には「メディア関係者」もあきれているものの、一方で「ジャニーズ」と親密関係で、「近藤真彦」を取材した経験があるという「ベテラン」の「アイドルライター」によれば、親しい関係者ほど「マッチさんを守ってあげなきゃ」という「スタンス」になっているのだそうです。

「マッチ」ほど親しみやすい「ジャニーズタレント」はいないそうです。確かに偉そうだったり、後輩たちの人気にあやかっている部分は否めませんが、あの憎めなさを知る人からすれば、なんとかして守ってあげたいと思ってしまうことのようです。取材中でも「カッコ」つけず、何でもあけすけに話してしまう「“大物ジャニーズ”」なんて、「マッチ」以外には存在しないようです。

「アニバーサリーイヤー」など「タレント」としての稼働が増えている時期は、「近藤真彦」に会えるとみな楽しみにしているのだそうです。

「某女性グループ」に対して「全員ブスだよね「笑」」と「ネタ」にしたり、「中森明菜」との「エピソード」も躊躇なく話すなど、週刊誌に書かれたら大炎上必至の「サービストーク」を、毎回披露してくれるのです。今回の「文春」記事でも、不倫相手に「SMAPは仲がよくない」「木村「拓哉」が意地悪されてるみたい」と話すなど、いかにも「マッチ」が言いそうなことばかり書かれていて、読んでいて思わずうなずいてしまったようです。




この「あけっぴろげ」ぶりこそが、「マッチ」の魅力だといいます。

それでいて、「ルックス」がとても整っていて、「ダンディ」な「オーラ」を醸しながらも、時折少年のような笑顔を見せます。この「ギャップ」は男性から見てもかっこいいし、若い女性が惹かれてしまうのも、とてもよくわかります。子どもの話も大好きで、長男の学校での「エピソード」なんかも、嬉々として話してくれます。

ともあれ、そんな「近藤真彦」が炎上騒動を引き起こしているのは、まぎれもない事実でしょう。「ファン」やごく一部の「メディア関係者」からの「エール」だけで、果たしてこの事態を乗り切ることはできるのでしょうか。

誰に対しても裏表のない言動や態度が守ってあげたくなるようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました