速報‼ジャニーズ最新情報

山本亮太★意味深動画公開★謝罪が先&何したかわかってるの&批判の声

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山本亮太★意味深動画公開★謝罪が先&何したかわかってるの&批判の声」の事をお伝えしたいと思います。

「“闇スロット通い”」を報じられ、「10月1日」をもって「ジャニーズ事務所」から契約解除された「元ジャニーズJr.」の「山本亮太」です。そのまま表舞台を去りましたが、「11月14日」に「Twitter」上で「この度山本亮太はTwitter、TikTok、YouTubeを開設します」と告知し、再始動を宣言しました。熱心な「ファン」は「待ってました!」と祝福しているものの、「山本亮太」が所属していた「グループ・宇宙Six」は「連帯責任」として解散に至っただけに、芸能活動復帰にあたって手厳しい声が噴出しています。

「山本亮太」は、「2001年」に「ジャニーズ事務所」に入所します。「M.A.D、They武道」という「Jr.ユニット」を経て、「2016年11月」に「宇宙Six」が結成された後は、個人でも舞台を中心に俳優活動を行ってきました。そんな彼が「違法闇スロット店に出入りしている」と、「10月2日」に「ニュースサイト」「文春オンライン」が報道します。同日、「ジャニーズ」は「公式サイト」で「この度、山本につきまして、スロット店で賭博行為に及んでいたという重大な契約違反行為が確認されたため、弊社は、昨日をもちまして山本との専属契約を解除いたしました」と、公表しました。




この時、「山本亮太」は舞台「川崎ガリバー once again」で主演を務めていましたが、事務所の発表を受けて全公演中止になりました。主演舞台「通りすがりのYouTuber」「12月9日~16日」も降板し、「Jr.」の「冨岡健翔」に変更となりました。「文春」報道以降、消息不明となっていた「山本亮太」ですが、「31歳」の誕生日を迎えた「11月14日」に「Twitter」上で「たくさんの方々の支えやサポート、ファンの皆さんの応援があり、今こうしてスタートダッシュをきることができます」「これからの僕の進化を見届けてください」と報告しました。そして同日「午後6時、YouTube」に動画「山本亮太 「Re:BORN」PV」が「アップ」され、「Twitter」では「今は多くのことを語れませんが本当にたくさんの支えがあり、こうして自分を表現できる場があります。自分には多く語れない分たくさんダンスで表現していこうと思ってます。どうか温かく見守っていただけたら嬉しいです」と、暗に報道内容には触れられないことを示唆しつつ、「ファン」に変わらぬ声援を呼びかけました。

「ツイート」の「リプライ欄」には「りょーちゃんがのびのびと活動できるようになってよかった!」「これから、いろんなりょーちゃんに会えるのを楽しみにしてるね」「踊ってる亮ちゃんが大好きだから、PVが見れてうれしかった。ずっと応援し続けたい」と、温かい「メッセージ」が多数見受けられます。ですが、「ファン」への「“謝罪”」の言葉をしなかっただけに、「YouTube」の「コメント欄」は「山本さん、さすがに謝罪が先では?」「好きなことやるのはいいけど、その前に言わなきゃいけないことがあるんじゃない?」「自分が何をしたか、わかってるの?こんな動画出す前にファンに謝罪しなきゃダメじゃない?」と、「シビア」な声もありました。

「山本亮太」が契約解除された後、「宇宙Six」の「松本幸大、江田剛、原嘉孝」が「ジャニーズ事務所」の「滝沢秀明副社長」と話し合いしたところ、彼らから「今回のことの重大さを自分たちも認識しています。連帯責任なので、けじめとして解散という形をとらせていただけないでしょうか」と申し出があり、「グループ」が解散した経緯があります。「山本亮太」の記事がきっかけで「宇宙Sixメンバー」は別々の道を歩くことになったため、「ファン」としてはまずお詫びの言葉が聞きたかったのでしょう。

また、「山本亮太 「Re:BORN」PV」内の一部演出について疑問の声が出ています。「PV」は、「山本亮太」自身が黄色の「ネクタイ」を外す「シーン」から始まり、「5人」の「ダンサー」とともに「ダンス」を披露した後、最後は並べられた「6個」の椅子を「山本亮太」が見つめるという意味深な場面で終わる内容でした。黄色は「宇宙Six」時代の「山本亮太」の「メンバーカラー」で、椅子の数も「グループ名」を意識した数字とみられます。




さらに、動画の概要欄に「元ジャニーズJrで人気ユニット「宇宙Six」の元メンバー山本亮太が電撃復活しセルフプロデュースデビュー!!!」と記載されていることを含めて、「ネット」上では「ファンだから「“おかえり”」とは思うけど、概要欄にジャニーズのことを書くのは違う」「ここで宇宙Sixの名前を出されるのはしんどい」「ジャニーズJr.、宇宙Six、黄色、6を捨てられない限りは、ただ過去の栄光にすがってるだけに見える」「宇宙Sixはあなたのせいで解散したんだから、過去の肩書に頼らないで、自分の力で頑張ってください」と、批判的な「コメント」が多く上がっている状態です。

「ベテランJr.」とあって根強い「ファン」を掴んでいましたから、「山本亮太」の再始動を喜ぶ人々もいる一方、明確な謝罪がない点や、「元ジャニーズと宇宙Six」を「アピール」したこと、動画の「“意味深”」な演出などが反感を買ってしまった印象です。一番大事な「スタート」で敵を増やしてしまったのではないでしょうか。ちなみに、動画の公開直後は、「タイトル」が「“再生”」を意味する「reborn」ではなく、「Re:BRON」と誤ったつづりになっていて、「コメント欄」で「早く直して」と指摘されていました。また、動画が「アップ」された「14日午後6時」に、舞台や演劇の情報を発信する「サイト」「ステージナタリー」が「山本亮太」の「SNS開設」について取り上げ、本人がその記事の「更新報告ツイート」をすぐに「リツイート」していたことから、舞台関係者の「バックアップ」があるのではと指摘する声も聞かれます。

「PV」の再生回数は「16日」時点で「4万台」です。問題を起こした「元Jr.」の再始動は注目度も高いはずですが、数字面で見るとやや寂しい滑り出しとなりました。果たして、今後はどのような活動を行っていくのでしょうか。

連帯責任で解散を決意してくれた「他メンバー」や「ファン」に対する謝罪の気持ちが伝わってこないのが残念でならないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました