速報‼ジャニーズ最新情報

近藤真彦★活動自粛めぐりメリー名誉会長登板★引退状態で最後の仕事になる

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「近藤真彦★活動自粛めぐりメリー名誉会長登板★引退状態で最後の仕事になる」の事をお伝えしたいと思います。

「“ジャニーズの長男坊”」である「近藤真彦」が、無期限で芸能活動を自粛することが明らかになりました。「11月12日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」に、「25歳年下」の一般女性との「“5年不倫”」を報じられ、世間から「猛バッシング」を浴びる中、「16日」深夜に「ジャニーズ事務所」が無期限の活動自粛を発表しました。「ネット」上では「ようやく不倫を認めたか」といった反応が出ていますが、「「ジャニーズはどう考えてもスルー対応だろう」と見ていたメディア関係者が衝撃を受けている」といいます。また、基本的に表には名前が出てこない「“メリー喜多川”」こと「藤島メリー泰子名誉会長」が、この一件に登場したことにも驚きの声が上がっているようです。

「1994年」に一般女性と結婚し、一児の父親でもある「近藤真彦」です。今回、不倫を「スクープ」した「文春」の記事によると、「5年前」に会食で出会った「25歳年下」の「一般女性・A子さん」に一目惚れし、「猛アタック」します。当時、「A子さん」は男性と同棲していたにもかかわらず、親密な関係に発展したといいます。さらに同誌は、「10月下旬」に、「近藤真彦」が友人や「A子さん」らと沖縄県で「ゴルフ」を楽しむ旅行の様子も詳報していました。




「2人」の恋愛関係を証明するような決定的な写真こそありませんでしたが、「文春」「サイド」は交際の詳細をきっちり取材していましたし、とても事実無根とは思えない内容でした。ですが、同誌の直撃取材を受けた「近藤真彦」は「無理無理無理無理」と記者を突っぱね、足早に去っていったといいます。報道後、「ジャニーズ」は「コメント」も出さずだんまりを決め込み、「ネットユーザー」の間では、この件を一切報道しない「テレビ」や「スポーツ紙」にも批判の声が上がっていました。

そして、「文春」発売から「4日」がたち、突然の処分発表となりました。報道によれば、「近藤真彦」は「A子さん」との交際を認めた上で、「一連の出来事に対する責任を取り、芸能活動を自粛したい」と、事務所に申し出たといいます。なお、「コメント」の中で「家族とは、話し合い、謝罪し、理解してもらいました」と明かしており、妻との離婚はなく、「A子さん」との関係も断ったとみられます。

「近藤真彦」といえば、今年は「歌手デビュー40周年」の「アニバーサリーイヤー」で、芸能活動が増えつつある「タイミング」でした。活動自粛に伴い、「12月2日」放送の「2020 FNS歌謡祭」「フジテレビ系」への出演も取りやめとなり、「同11日・12日」に「東京・渋谷」で予定していた「コンサート」「近藤真彦 40th anniversary」も中止になりました。そんな中、「11月17日付」の「日刊スポーツ」は、「近藤真彦」が「藤島メリー泰子名誉会長からも「マッチらしく責任をとりなさい」と諭された」と伝えています。




「藤島メリー泰子名誉会長」は今年「9月」に名誉会長に就任した後、事務所にも姿を見せなくなり、事実上の引退状態だったそうです。もう「タレント」に関わることはないかと思いきや、長年かわいがってきた「近藤真彦」の「スキャンダル」を受けて、まさかの登板となったようです。「近藤真彦」、そして「ジャニーズ事務所」にとっても不名誉なことでしょうが、おそらくこれが「藤島メリー泰子名誉会長」にとって「“最後の仕事”」になるのではないでしょうか。

「近藤真彦」は芸能活動の傍ら、「レーシングチーム」「KONDO Racing Team」の監督を務めていますが、「日刊スポーツ」は、「レース関連の仕事は続けるとみられる」と報じていました。しばらくは表舞台から遠ざかり、しっかりと自分自身を見つめ直す期間を持ってほしいものですが。

「ジャニーズ」の長男坊であるが故に後輩達のためにも厳しいけじめが必要になったようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました