速報‼ジャニーズ最新情報

藤島ジュリー景子社長★マスコミに異例の圧力★山口達也への直撃取材に自ら対応

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「藤島ジュリー景子社長★マスコミに異例の圧力★山口達也への直撃取材に自ら対応」の事をお伝えしたいと思います。

「週刊文春」「文藝春秋」に「不倫スキャンダル」を報じられた「近藤真彦」について、「ジャニーズ事務所」が「無期限活動自粛」を発表しました。かつて、「タレント」を守るためなら手段を問わなかった「ジャニーズ」が、「同社トップタレント」の「近藤真彦」に処分を下したとあって、業界関係者は驚きの色を隠せないというのですが、「徐々にジャニーズも健全な企業へと生まれ変わりつつある」のだといいます。ですがその一方で、「ジャニーズ幹部」から「マスコミ」に対し、ある「“異例の圧力”」が発動していたようです。

女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された「のちに不起訴」ことで、「2018年」に「ジャニーズ」を退所した「元TOKIO・山口達也」です。今年「9月」には酒気帯び運転の現行犯で逮捕され、「11月18日」に東京区検に略式起訴されました。




この逮捕の影響で、そう遠くない将来に予定されていたという、「TOKIO」の「“再集結”」「プラン」は完全に白紙化となります。この計画を「バックアップ」していたという「ジャニーズ関係者」は、もはや「山口達也」を責めるというより、「呆れるしかない」と見限ったかのような反応をみせていました。

そんな「山口達也」ですが、つい最近、ある「メディア」の直撃取材を受けたのだといいます。

すでに「ジャニーズ」から離れているだけに、本来であれば、「山口達也」個人が対応するはずなのですが、この件に関しては事情が違ったようです。なんと、「ジャニーズ」の「現社長・藤島ジュリー景子氏」が直々に「メディア対応」を行い、結局、記事化は見送られたのだそうです。




通常、「ジャニーズ」は退所者には冷徹な態度を取ることで知られているのですが。

「元NEWS」の「手越祐也」や、「元関ジャニ∞」の「錦戸亮」などは、もはや気にも留めていないようで、退所後に「マスコミ」がどんな「ネガティブ」な記事を出そうとも、「ジャニーズ」は「もううちには関係ないから。好きにやっちゃって」という「スタンス」です。それだけに、「山口達也」に対する今回の「ケア」は、異例中の異例でしょう。「藤島ジュリー景子氏」は最初に担当した「グループ」が「TOKIO」で、ほかのどの「売れっ子グループ」よりも、一番思い入れが強いといわれています。今回の件では、自ら「メディア対応」まで行ったということで、「山口達也が直接ジュリーさんに相談したのでは」ともうわさされています。

「近藤真彦」に厳しい処分を科した「ジャニーズ」が、近年まれに見る「大スキャンダル」とともに「ジャニーズ」を去った「山口達也」には、手厚い「サポート」をみせていた様子です。「ジャニーズ内部」を知る関係者ほど、この事実に衝撃を受けているようです。

「山口達也」に対しては特別な感情があったことは間違いないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました