速報‼ジャニーズ最新情報

山口達也★謝罪コメント発表でTOKIO合流が確実に★藤島ジュリー景子社長が異例の対応

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山口達也★謝罪コメント発表でTOKIO合流が確実に★藤島ジュリー景子社長が異例の対応」の事をお伝えしたいと思います。

酒を飲んで「バイク」を運転したとして道交法違反「酒気帯び運転」で東京区検に略式起訴された「TOKIOの元メンバー・山口達也」が「19日、マスコミ各社」に「謝罪コメント」の「ファクス」を送付しました。これによって、将来的な「TOKIOの新会社」への合流が確実になったとみられているようです。

「山口達也」は「ファクス」で「この度は私の起こしたオートバイによる酒気帯び運転事故で被害者並びに多くの皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪しました。続けて「第2の社会人生活を送るため、アルコール依存症を克服しようと努めて参りました。しかしながら、今回の飲酒運転という行動についてはアルコール依存症以前の問題であって弁明の余地はなく、真摯にその罪を償っていく所存です」と反省の弁を綴りました。

さらに「多感な時期の子供を持つ親としての自覚の下、再度専門医のご指導を仰ぎ、これ以上信頼を裏切ることのないよう努めて参ります。この度は誠に申し訳ございませんでした」と結び、直筆の署名が添えられています。




もし「山口達也」が芸能界に戻るつもりがないなら、「マスコミ向け」の「謝罪コメント」など発表する必要がありません。将来的な「TOKIO」への合流を念頭に置いたものであるのは明らかです。そつのない「謝罪コメント」の文面を見るに、おそらく「ジャニーズ事務所」からの「アドバイス」もあったと推測されます。

「山口達也」が所属していた「TOKIO」は、来年「3月」いっぱいで「長瀬智也」が「ジャニーズ事務所」から退所します。残った「城島茂、国分太一、松岡昌宏」の「3人」が新会社「株式会社TOKIO」を立ち上げるという大きな分岐点を迎えます。

一部では、この新会社に「山口達也」が合流する予定だったとも報じられました。「グループ」への復帰は難しいものの、福島県の「復興ボランティア活動」なども手掛けるとみられる新会社の「スタッフ」として働く予定だったというのです。

ですが、件の酒気帯び運転事故ですべてが水の泡になります。「山口達也」の合流も絶望的とみられていましたが、「メンバー」も「ジャニーズ事務所」も彼を見捨てていなかったようです。




ある「メディア」が「山口達也」への直撃取材を敢行しようとしたのですが、その対応を仕切ったのが「ジャニーズ事務所」の「藤島ジュリー景子社長」だったというのです。「ジャニーズ」といえば、創業者の「ジャニー喜多川氏」が存命だったころから「去る者は追わず」の精神で、退所者への態度は極めて冷淡でした。社会的な問題まで起こした退所者への取材対応を、現社長が自ら扱うなんて普通なら考えられないことです。「山口達也」の将来的な「株式会社TOKIO」への合流が決まっているからこそ、そんな異例の事態となったとみられます。

本人の謝罪文だけでなく、身元引受人となった実兄が「今後は本人がアルコール依存症を克服し、再び社会生活を送る為の力となれますよう、今まで以上に支えて行きたいと思います」と支援継続の意思を表明する「コメント」を発表します。そこからも「将来」を見据えていることがうかがえます。

苦楽を共にした「TOKIO」の「メンバー」たち、自身を育ててくれた「ジャニーズ事務所」、そして親族の「サポート」もあるとなれば、来春にも「TOKIO」への合流が実現する可能性があります。今度こそ周囲の期待を裏切らずに「アルコール依存」を断ち切り、更生を目指してもらいたいですね。

「藤島ジュリー景子社長」の「バックアップ」のお陰で「山口達也」も更生しようとしているようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました