山口達也さん★強制わいせつ★謝罪会見・TOKIOの絆推し★断罪するメンバーと和解なるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「山口達也さん★強制わいせつ★謝罪会見TOKIOの絆推し★断罪するメンバーと和解なるか」の事をお伝えしたいと思います。

TOKIO」の「山口達也さん」が強制わいせつ事件を起こした問題で、多くの人間が違和感を感じたのが謝罪会見でした。被害者への言葉よりも、「メンバー」との絆や復帰の話を優先させるものでした。これを受け「リーダー」の「城島茂さん」は「週刊ニュースリーダー」「テレビ朝日系」において、「今の時期に復帰の話を出すのはありえない」と断罪しました。さらに今回の会見前に「メンバー」への謝罪はなく、その点に関しても「城島茂さん」は怒りを覚えていました。




そんな「メンバー」たちの怒りが如実に表れたのが、「2日」に行われた「山口達也さん」以外の「メンバー4人」による謝罪会見でした。特に「松岡昌宏さん」は「山口達也さん」の甘えを生んだのが「TOKIO」という存在なら、早くなくなってしまえばいいと思うと「グループ解散」をほのめかす発言がありました。「山口達也さん」当人も「リーダー城島茂さん」に「TOKIO脱退」の意思を伝え、「“辞表”」を提出するなど、自らの謝罪会見後に覚悟を改めたようです。

記者会見でやたらと「山口達也さん」が強調したのは「TOKIO」の「“”」でした。「デビュー」から「23年」、前身の「ジャニーズJr.」時代から含めれば「30年」近い付き合いであるということになります。この「“絆推し”」は「山口達也さん」の復帰時に持ち出されるべき「感動エピソード」であったのではないでしょうか。 それをあろうことか被害者への謝罪が最優先される場において使ってしまいました。これは完全に場違いだといえるでしょう。

仮に復帰時に「TOKIOの絆」が強調されたとしても、「山口達也さん」に対しては、「松岡昌宏さん」が「甘ったれた」と断じた謝罪会見が想起されてしまうでしょう。




山口達也さん」が辞表を出したものの、「城島茂さん」は態度を保留するなど、復帰の目も完全に断たれたわけではないようです。復帰の場として想定されるのは、「20年」以上続く長寿番組の「鉄腕DASH!!」「日本テレビ系」になるようです。「山口達也さん」は同局では「1995年」に「24時間テレビ 愛は地球を救う」の「チャリティマラソンランナー」を務めています。「2014年」には「リーダー」の「城島茂さん」が「マラソンに挑戦」し、「ゴール前」には「メンバー全員」が駆けつける「“”」が見られました。「復帰プラン」のひとつとして、同番組での「マラソン再挑戦」などもあったのではないでしょうか。

2日」の会見では、解散や「山口達也さん」の脱退といった結論を出さなかった「TOKIO」です。果たして「山口達也さん」の明日はどっちになるでしょうね。

記者会見全体を見ても「山口達也さん」への「メンバー」の愛情が伝わってくる会見に見えてしまいますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。