山口達也さん★処分甘すぎる★ジャニーズ支援行う発表のウラ側

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「山口達也さん★処分甘すぎる★ジャニーズ支援行う発表のウラ側」の事をお伝えしたいと思います。

TOKIO山口達也さん」が、無期限謹慎処分から一転、「ジャニーズ事務所」の所属契約を解除されました。ですが「事務所サイド」は、「“解雇”」ではなく「“契約解除”」と発表し、また「「山口達也さんに必要な支援を今後も積極的かつ継続的に行う」と明言しました。さらに「一部スポーツ紙」が、再契約については「わからない」とする関係者の「コメント」を報じたため、「ネット」上では「山口達也さん」の「“ジャニーズ復帰説”」がささやかれているようです。

山口達也さん」は、無期限の活動謹慎を発表した「4月26日」の記者会見後、入院したことが報じられています。「5月2日」に行われた「メンバー」の記者会見によると、「山口達也さん」は医療機関で「アルコール依存症」と診断されなかったというだけに、具体的な入院理由は明らかになっていません。

一部」では、「山口達也さん」が以前から「“自殺願望”」を抱いていたのではないかと報じられており、「ネットユーザー」からは、批判の声に混じって「山口達也さん」の「メンタル」を心配する声が出ています。「ジャニーズ関係者」も、「このまま追い詰められると自殺しかねない」と危惧しているようで、「山口達也さん」を突き放さない措置を取ったのは、それだけ彼が危機的状況に置かれているということのようです。




契約解除の決定は、これ以上迷惑を掛けたくないという「山口達也さん」の強い希望に、ほかの「メンバー」が同調し、「ジャニーズ」もこれを受け入れたという流れです。

過去に「ジャニーズ」を解雇された「タレント」に比べると、「山口達也さん」の処分は誰よりも甘いものだと言えます。今回の事件を除けば、「ジャニーズ」内での「山口達也さん」の評価はかなり高く、また「TOKIO」の「メンバー」として「25年」近く事務所に貢献し続けたということもあって、寛大な措置が取られたようです。

ですが、「山口達也さん」が「ジャニーズ」、また「TOKIO」に復帰できる可能性は、現状では「あり得ない」と言う他ないようです。

まず本人自身が猛省し、必要な治療を受け となると、どれほどの時間が掛かるかまったくわかりません。そもそも、自ら辞めると強く希望した「山口達也さん」が、もう「一度」やりたいと思うのかも疑問のようです。たとえ「タレント」として、「ジャニーズ」で再出発するとなっても、「TOKIOメンバー」に復帰する可能性は、さらに低いと思われます。




それでも、「山口達也さん」が芸能復帰する可能性があるとすれば、全ては「世論次第」だといいます。

雑誌の「インタビュー」や手記などで「山口達也さん」の近況を世に出し、その反響を見て、「ジャニーズ側」が復帰の「アクション」を起こすことも考えられます。ただ、そうなって初めて、復帰の可能性は「50:50」といったところでしょう。

第一」に被害者とその家族の心の傷が癒えることが先ではあるものの、「山口達也さん」の今後には、これからも世間の注目が集まることとなりそうですね。

罪の償いは当然とは言え「ジャニーズ」で活躍した功績は素晴らしいものがありますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。