堂本剛さん★近藤真彦さん&少年隊よりも★SMAPの方が緊張する★本音ポロリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本剛さん★近藤真彦さん&少年隊よりも★SMAPの方が緊張する★本音ポロリ」の事をお伝えしたいと思います。

KinKi Kids」の「2人」が交互に「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KinKi Kidsどんなもんヤ!」「文化放送」です。「5月7日」深夜放送回には「堂本剛さん」が登場し、自身の耳の病状や、先輩である「SMAP」について語られました。

リスナー」から、「4月7日」に放送された音楽番組「CDTV祝25周年SP」「TBS系」の感想が届き、「堂本剛さん」がこれを紹介しました。「番組MC」の「中居正広さん」と「KinKi Kids」の絡みについて、裏話を披露しました。「CDTV」では、昨年「6月」に突発性難聴を患い、現在も治療を続けている「堂本剛さん」が「ヘッドホン」をつけて出演していたのですが、それを見た「中居正広さん」が「耳大丈夫なの?」と気遣う「シーン」がありました。その時に「堂本剛さん」は「たいして調子は戻ってないですけど 中居くんよりは上手く歌いますよ」と冗談を交えながら返答していました。「中居正広さん」も「KinKi Kids」の「ステージ」が終わると「上手いんですね上手に歌えたね!」と「コメント」するなど、仲睦まじい様子が放送されていました。




このときの裏話として、「KinKi Kids」が本番前に「中居正広さん」の楽屋にあいさつに行った際、実は「中居正広さん」からあらかじめ「お前耳大丈夫なのか」と聞かれていたことを明かした「堂本剛さん」でした。そこで「全然ダメですね」「剛さん」、「全然なのかそうか大変だな」「中居さん」というやり取りがあったそうで、「堂本剛さん」はこのときのことを振り返り、「ボクの本音とかさボクの気持ちをその時にいろいろ察してくださったんでしょうね」と「中居正広さん」の気遣いを感じたと語っていました。

以前から「SMAPメンバー」のことを「“お兄ちゃん”」と例えている「堂本剛さん」でした。入院したときには「中居正広さん」や「木村拓哉さん」から「メール」が届いたと明かし、「弟ってなんかこう強がれる瞬間もあるんですけど逆に甘えてしまう瞬間も多くなっちゃうんです」と関係性を説明していました。それゆえ、「中居正広さん」の楽屋で耳の話をした際に「全然大丈夫ですよ」と強がることなく、「厳しいですねなかなか簡単には治らないみたいです」と本音を言えたそうです。

堂本剛さん」の耳の現状をわかった上で、「中居正広さん」が生放送で話を振ってきた真意については、「おそらくボクの口で全部はしゃべられへんかもしれへんけど、「自分の言葉で少しでも本音に近いことしゃべれたらいいんじゃない?」っていう感覚で多分振ってくださったと思うんです」「「大丈夫じゃなかったら大丈夫じゃないってちゃんと言ったらいいやんってことだったと思うんですお兄ちゃん的には」と推察していました。「堂本剛さん」はそんな「中居正広さん」に対し、「すごく愛情を感じた時間だったなと思いました」と感謝していました。




また、「近藤真彦さん」や「少年隊」という大先輩以上に、「SMAP」に接する時が「1番緊張する」と本音が漏れた「堂本剛さん」です。「やっぱりアイドルという世界ですごい光でしたからねその光の眩しさに目も心もいろいろなものが眩むくらいのボクにとってはそういう人たちだし1人1人もそういう人なんでね」と、改めて「“お兄ちゃん”」たちへの気持ちを語っていました。

堂本剛さん」は最後に、自身の耳の現在についても「リスナー」に報告しました。「今も鍼はりけっこうめっちゃ打ってるんですけどね。「愛情ですよって言って先生は鍼打ってくれてますけど。「治しましょうって言ってくれてますけどその先生の言葉を信じたりしながら今もやってる」と、前向きに治療に向き合っていると明かしていました。

CDTV」の裏話から、「SMAP」と「KinKi Kids」の関係性が語られた今回の放送でした。「堂本剛さん」の耳の状態は心配ですが、「“お兄ちゃん”」たちの力強い応援を糧にして、治療を頑張ってほしいものですね。

いろんな先輩が居る中で直属の先輩がやはり一番緊張するんでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。