山口達也さん契約解除★鉄腕!DASH!!★ロケ2カ月分お蔵入り★企画硬直化深刻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「山口達也さん契約解除★鉄腕DASH!!★ロケ2カ月分お蔵入り★企画硬直化深刻」の事をお伝えしたいと思います。

20年目」の人気番組に黄信号です。「山口達也さん」の「ジャニーズ事務所契約解除」により、「TOKIO4人」での続行が発表された冠番組「鉄腕DASH!!」「日本テレビ系」ですが、その放送内容に心配の声が上がっています。

山口達也さん」は「リーダー城島茂さん」と「コンビ」で頻繁に「DASH」に出演しました。その豊富な知識と技術は「プロ」も舌を巻くほどで、「DASH島」の舟屋作りの現場指揮を執ったり、資材を運搬するための一級小型船舶の操縦士免許も取得しました。また別企画では海に潜り、長さ「6メートル重さ4キロ」の銛で魚を一突きし、石垣島の「ベテラン漁師」に「完璧」と褒められていました。「メンバー」から「“棟梁”」と呼ばれるほど、「カンナ削り」もお手の物ですし、「クギ」を使わずに「2本」の木材を「1本」に継ぎ合せる「継手」の技術も「マスター」していました。「レンガ」の積み方の差異を見抜いたり、木を叩いただけで木材の状態も把握していました。さらには「ハチ」の巣の欠陥を一目で見分けるなど、とにかく「DASH」には欠かせない人材でした。




狩猟漁業建築技術生態系」など全てを知り尽くした「陸海空の神山口達也さん」が番組から去るとなれば、今後、多くの企画が硬直化、もしくは滞ることが目に見えています。昨年「DASH島」を襲った秋の台風で、島にある反射炉の「アーチ」は崩落したままです。また、「世界一美味いラーメン作れるか」の後継企画「俺たちのカレー作り」も先頃、発表されたばかりです。

5月2日」に行われた、「メンバー4人」による会見での席上で、「城島茂さん」が「山口達也さん」のことを「屋台骨」と評していましたが、それはまさしく、この番組における彼の立ち位置に対する見解と言っても、過言ではないようです。

そんな、「山口達也さん」頼みの番組がまず速やかに解決しなければならないのが、これまで撮りためた企画の「“代替案”」を考えなければならないことです。

不祥事が明るみになる前の「4月22日」に「オンエア」された「DASH島」は、「2月下旬」の作業を紹介していました。それから現在まで丸々「2カ月」あります。この間、「山口達也さん」が島をはじめ、「DASH海岸」や「出張DASH村」など「各コーナー」に出ていたことは、今までの活躍から考えれば容易に想像できます。ですが、それらは残念ながらお蔵入りになる可能性が極めて高いようです。




5月2日」夜に放送された「TOKIOカケル」「フジテレビ系」は、「山口達也さん」の姿を「カット」して放送されましたが、「DASH」ばかりは「カット」したら番組がもたないでしょう。

2011年」、東日本大震災によってそれまで「メイン企画」だった「福島DASH村」が頓挫し、番組の命運が心配されたとき、彼らはそこで培った知識や経験を「DASH島」という新たな企画で生かし、見事に存続危機を脱した実績があります。

果たして残された「4人」はこれから、どのような物語を見せるのでしょうか。

山口達也さん」の「脱退退所」の歪が各「冠番組」に影響が少しずつ出てきているようですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。