松島聡さん★恋愛の意味でしょ★トンチンカン回答★恥ずかしい勘違い露呈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松島聡さん★恋愛の意味でしょ★トンチンカン回答★恥ずかしい勘違い露呈」の事をお伝えしたいと思います。

Sexy Zone」が週替わりで「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」です。「5月1417日」放送は、「菊池風磨さん松島聡さん」の「コンビ」が「パーソナリティ」を担当し、あまりに漢字が読めない「松島聡さん」に呆れつつも、意味までしっかりと教える「菊池風磨さん」との微笑ましいやりとりがみられました。

初夏」を「“しょなつ”」「“はつなつ”」と読み、最終的にはなぜか「“はつこい”」と答えたり、「揚げ煎餅濡れ煎餅」が読めず「“あげせんもちぬれせんもち”」と読み上げる有り様の「松島聡さん」ですが、そんな「おバカ」な「松島聡さん」に、「15日」放送回で「リスナー」からお便りが届きました。




メンバーを四字熟語で表すと何になりますか?」という内容のお便りで、「松島聡さん」は早速「四字熟語!? 四字熟語がわからないからな~」と戸惑いを隠せません。「Sexy Zone」の「イメージ」から「薔薇満開」と答えるものの、「菊池風磨さん」からは造語ではなく、きちんと意味のある四字熟語を選ぶように言われてしまいました。

そこで、絞りに絞って出した答えが「ごだいわく五代枠」」です。「松島聡さん」いわく、「一だい目二だい目三だい目 の「“囲い”」のZone」ということらしいのですが、もはや何を言っているのか意味不明です。しかも、四字熟語にもかかわらず、「3文字」しかないという痛恨の「ミス」も、指摘されるまで気付かない天然っぷりでした。

さらに、「5月17日」の放送では「一期一会」を本来の意味とはまったく違う意味で覚えていたことが発覚しました。「リスナー」からの「リクエスト」で「女子高生が言いそうな言葉でしりとり」をしていた時、「“”」から始まることばで「一期一会」という言葉を出した「松島聡さん」でした。これを聞いて「菊池風磨さん」が「この前のメンバーを喩える四字熟語それでいいじゃん!」と「コメント」すると、「松島聡さん」は「だって恋愛するわけじゃないじゃん」「恋愛の意味でしょアレ」と否定しました。

どうやら「松島聡さん」は、「一生に一回の恋愛をしましょう」という解釈をしていたようで、これには「菊池風磨さん」も「スタッフ」も「相当な勘違いをして生きてきてる!」と大爆笑しました。「松島聡さん」がこのような解釈に至った経緯は、どうやら小学生の時に使っていた「交換ノート」や「プロフィール帳」に「一期一会」の文字と一緒に添えられていた男女が手をつないでいる「イラスト」が原因のようです。




そんな勘違いしまくりの「松島聡さん」に、「菊池風磨さん」は「Sexy Zoneの出会いっていうのはたった1回の出会いだったかもしれないけどもその1回の出会いっていうのは人生の中で大切な出会いでしたよ」と、自分たちの「グループ」に置き換えながらわかりやすく解説してあげていたのでした。

思いがけず出た「菊池風磨さん」の「グループ」に対する思いに、「風磨くん良いこと言うな一期一会いい言葉よね」「聡ちゃんに一期一会を説明してあげてる風磨くんの教え方いいねー、さすがだわ」「いつもわかりやすい解説ありがとう!」と、「ファン」も感激したようです。

意味としては間違っていた「松島聡さん」の解釈も、「Sexy Zone」と「ファン」の関係で言えば、あながち間違いではないのかも知れません。なにはともあれ、「松島聡さん」は「菊池風磨さん」に家庭教師を頼んで、少し国語の勉強をした方がいいかもしれない、と思った回でありました。

ファン」にしてみれば「トンチンカン回答」の「松島聡さん」も可愛いと思い許せてしまうんでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。