宮田俊哉さん★二度目のアメトーーク!出演★収録に手応え★もっと話したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「宮田俊哉さん★二度目のアメトーーク出演★収録に手応え★もっと話したい」の事をお伝えしたいと思います。

5月23日」深夜放送の「ラジオ」「キスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2」の「藤ヶ谷太輔さん」と「宮田俊哉さん」が登場しました。「5月24日」に放送される「アメトーーク!」「テレビ朝日系」の収録裏話について語りました。

「“○○芸人”」というくくりで、共通の「テーマ」を持った芸人が集まり「トーク」を繰り広げる「人気バラエティ番組」「アメトーーク!」です。「2017年10月」には「昭和VS平成 アニソン対決」で「平成アニソン軍」の「リーダー」として出演した「宮田俊哉さん」でしたが、放送直後の「SNS」では「我らの宮田がすごすぎてさすがとしか言えない笑」「我らが宮田パイセンがすごいな」「我らの宮田アニキ!」と「オタクファン」から絶大な支持を集めたという栄光を持っています。




そんな大きな反響もあり、「HUNTER×HUNTER芸人」で同番組へ「2度目」の出演を果たした「宮田俊哉さん」です。「HUNTER×HUNTER」「集英社」とは、「宮田俊哉さん」が以前から愛読していることを公言している、「週刊少年ジャンプ」で不定期連載中の漫画作品です。「なんかね好きなこと語れるからめっちゃ楽しいのよ収録が!」と、楽しんで仕事に取り組んだ様子で、「34時間」ほどかかった収録の後も、「もっと話したい!」と深夜にもかかわらず、ほかの出演者とあれこれ語り合い、有意義な時間を過ごしたようです。

「「好きなことを話せて幸せ感が溢れてたもんね!」と前回の「オンエア」を見たという「藤ヶ谷大輔さん」の「コメント」に対しても、「今回もね超溢れてると思う!!」と幸せ「オーラ」全開でした。そして、「ぜひ見てくださいそして感想を送ってください!」と「リスナー」に呼びかけていました。

宮田俊哉さん」といえば、「デビュー直後」に出演した番組で「僕はHUNTER×HUNTERを読むために生まれてきた」という名言を残していることも「オタク界隈」では有名な話です。ちなみに、この時「「週刊少年ジャンプ読まないんなら日本から出ていけよ!」という「パワーワード」も残しており、「ジャニーズ」でありながらあまりの「ガチオタ」っぷりに「“宮田俊哉本物のオタク”」と世間を震撼させたという伝説を残しています。

そのため今回の出演では、「ずっとHUNTER×HUNTERが好き!」と言い続けた末の念願の出演なので多少テンションがおかしくても温かい目で 何卒」と、その暴走っぷりを心配する「ファン」の声もちらほら聞こえてきます。ですが、「ファン」のほとんどが、「アメトーク出演おめでとー宮田くん」と、この日を待ちわびていたようです。




また、「ラジオ番組内」で、「家事にハマっている」という「藤ヶ谷大輔さん」に対し、「リスナー」から「洗濯機はドラム式ですか?」という質問が届き、話題は「2人」の洗濯事情になりました。時間の「スケジュール」などもみながら、きっちりと家事をこなしている「藤ヶ谷大輔さん」に対し、「宮田俊哉さん」は「「洗濯物をたたむのが嫌いすぎて1週間に1回マミーが家に来て」と、母親に家事をしてもらっていることを告白しました。

自分で家事をするようになって母親の偉大さがわかるようになったと話していた「藤ヶ谷大輔さん」は、この「宮田俊哉さん」の愚行に、爆笑しながらも「ほんと感謝しなさいよ!」と注意しました。ただ、「宮田俊哉さん」と宮田母との関係については「バランスがいいんだろうね」と微笑ましく見ているようでした。

アイドル」でありながら、「アニオタマザコン」という強烈な「キャラ」を持っている「宮田俊哉さん」です。「バラエティ」での活躍が目覚ましいだけに、「2回目」の「アメトーーク!」出演も大注目です。

バラエティ番組」には欠かせない存在になりつつある「宮田俊哉さん」にはこのまま「ガチオタ」を極めていって欲しいですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。