伊野尾慧★建ぺい率・準防火地域★建築用語お手の物★めざましテレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★建ぺい率準防火地域★建築用語お手の物★めざましテレビ」の事をお伝えしたいと思います。

日常のちょっとした出来事や「最新ニュース」をとことん調べる、「めざましテレビ」「フジテレビ系」の「ココ調」「コーナー」です。毎週木曜日は「Hey!Say!JUMP」の「メンバー伊野尾慧さん」が「リポーター」を務める「イノ調」として「オンエア」されています。

今回の「テーマ」は「人気一級建築士こだわりの自宅」です。「伊野尾慧さん」はまず「東京杉並区」へ向かいます。夫が「一級建築士」、妻は「インテリアデザイナー」という「余田夫妻」の自宅を訪ねました。「正徳さん」が設計し、「樹子さん」が内装を担当したという建物は真っ白で、まるで「スタジオ」のようにおしゃれです。「築2年半」が経過しても新築のように壁が白いのは、外壁に光触媒の塗装を施しているからなのだそうです。

家の中に入った「伊野尾慧さん」は、大理石の玄関や明るい中庭、さらには妻が「デザイン」したというおしゃれな「リビング」に「こりゃおしゃれだわぁ」と驚愕しました。「外から見ると白い箱のイメージが強かった」ものの、室内は意外と明るいことを指摘した「伊野尾慧さん」に、「正徳さん」は中庭と大きな窓の存在を利用して採光率を高めていると解説しました。建ぺい率「敷地に対して建物を建てられる割合」が低いため、中庭を設計したという「正徳さん」の「アイデア」に、「伊野尾慧さん」はただただ感心していました。




一方、「敷地に対しての建ぺい率が40%くらいしかなく」との言葉に、すぐさま「ひっく!」と反応したり、「準防火地域という地域なので」といわれ「はい」と納得する姿は、まさしく明治大学建築学科卒の賜物です。「土地のデメリットを生かして建物の個性にしてるんですね」と、「正徳さん」も納得の「コメント」をしていました。

続けては「バスルーム」です。「ガラス張り」で明るく、まるで「ホテル」のように清潔なうえ、「バスタブ」からは空を眺められる仕様に、「伊野尾慧さん」は思わず「なんだここおいおいおいおいおいすげなここいいなあ~」「これ最高だこのお風呂」と素で歓喜していました。丸い「バスタブ」に入って、すっかり「リラックスモード」の「伊野尾慧さん」は、もはや仕事であることを忘れていそうです。

その後、「伊野尾慧さん」は「余田夫妻」が手掛けたという最新の住宅を訪れます。隣に根津神社があるため、住宅の外装が神社に馴染むよう工夫したという二世帯住宅の「3階」の「リビング」からは、緑豊かな神社が一望でき、窓際には特注の「クッション」を設置しています。その「クッション」に寝転がりながら景色を眺め、「超いいこれ!」「めっちゃいい!」と、またも「伊野尾慧さん」は素で「リラックスモード」になりました。

ここでも「バスタブ」に入ると、「朝風呂超いい絶対!」「緑が豊か小鳥のさえずり聞こますよお風呂入ってさえずりが聞こえることあります?」と、大興奮の様子でした。




素敵な住宅を続けて訪問した「伊野尾慧さん」は、「余田夫妻」に「ぜひオレも 年内に土地買って建てますかねその時はぜひお願いします」と意気揚々と宣言しましたが、「スタジオ」で「めざましメンバー」に「楽しみだな」といじられると、「冗談に決まってるじゃないですか~」と「タジタジ」になっていたのでした。

放送を見た「ファン」からは、「おうちを見る伊野尾くんが楽しそうでなりよりバスタブに入ってる姿がかわいくて猫鍋思い出したよ」「伊野尾くんいよいよお家買うの」?さすが建築アイドル」「建ぺい率に反応したのさすが!」との声が上がり、また、建築好きからも「勉強になった」との感想が見受けられ、おおむね好評のようです。

ただ「リポート」するだけではなく、大学で学んだ知識を生かして活躍する「伊野尾慧さん」の姿に惚れ直した「ファン」も多いのではないのでしょうか。

伊野尾慧さん」の得意分野の「リポート」は「ファン」にとっては最高の「伊野尾慧さん」を見られる時間でしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。