マリウス葉さん★出した女子力とはの回答★素晴らしいと称賛集まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「マリウス葉さん★出した女子力とはの回答★素晴らしいと称賛集まる」の事をお伝えしたいと思います。

Sexy Zone」が週替わりで「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」で「5月2124日」の放送を担当した「菊池風磨さんマリウス葉さん」です。「23日」の放送回では、「“女子力”」について言及した「マリウス葉さん」の考えを、多くの「女性ファン」が称賛しています。

リスナー」から「男性から見た女子力とはなんですか?」という質問が届くと、「女子力っていうワード自体があまり好きじゃない」」と「マリウス葉さん」です。例を挙げればきりがなのですが、「料理ができる裁縫ができる気がきく身だしなみ」がきれい といったことなどが「“女子力”」の代表と言われている一方で、「マリウス葉さん」は、最近は「ジェンダーレス」の時代になってきているとして、「男性がメイクとか化粧水とか美容を意識するようになったから男性も女子力高いねっていうのではなく男性もこれが普通になってきた」と、もはや女性だけが必要とされている力ではないと考えていることを語りました。




そして「女子力って結局「“”」を意識するってことじゃない?」と「マリウス葉さん」が回答すると、「じゃぁアレは?ご飯作るとか、「料理が上手とか洗濯ができるとか掃除ができるとかは女子力じゃない?」と聞く「菊池風磨さん」です。すると「マリウス葉さん」は、「それは女子力だけどでもそれは女性だけの役割でもない」と「コメント」しました。

そして「それは家にいる男性もする」と前置きしたうえで、「マリウス葉さん」の実家では外で働いていた母親に変わり、父親が料理をしたり家事をすることが多かったということを明かし、「だから、「僕のお父さんが女子力高いっていうのも違う気がするけどね」と話していました。

一方の「菊池風磨さん」は「“花嫁修業”」を例に出し、「将来主婦としてお嫁に行ったときにできておくと男性はなんとなくうれしい」として「家事ができること」が女子力だと「コメント」しました。そして、「マリウス葉さん」の意見も取り入れ「「女子力とは」「“”」と「“家事”」!」だと断言していたのでした。

この話からわかることは、「ドイツ育ち」の「マリウス葉さん」には「日本では女性が家事をするのが当たり前」という習慣を疑問に思う節があり、ですが典型的な日本男児である「菊池風磨さん」は「やっぱり家事は女性にしてほしい」との願望が少なからずあるということのようです。




欧米では、男女関係なく「“家事や育児は協力しあってするもの”」という考えが浸透している一方、いまだそれらは女性の役割とされる日本です。今回は、そんな古い考えに息苦しさを持つ女性を代弁したような回答だっただけに、「さすがマリウスだ見た目に気を使うことや家事をやることは女性にだけ求められるべきではない」「「女子力というアホっぽい言葉を否定して美意識という美しい日本語を思い出させてくれるマリウス素晴らしい」「女子力という言葉から美の追求や家事は女の人だけの役割じゃないってサラッと言及できるマリウスすごい!」と、絶賛されていました。

マリウス葉さん」のような考えがもっと男性に共有されれば、日本はもっと幸せになるはずですね。

日本には今も古き考えが当たり前のようにまかり通っていますよね。「マリウス葉さん」の考え方がこれからの日本を変えていくのが一番の理想でしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。