小瀧望さん★ステージ上で涙のワケ★メンバーが明かす感激の舞台裏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「小瀧望さん★ステージ上で涙のワケ★メンバーが明かす感激の舞台裏」の事をお伝えしたいと思います。

今年「1月3日」から「5月20日」まで、長期に渡る「ライブツアー」を開催していた「ジャニーズWEST」です。北海道で行われた最終公演では、「グループ最年少」の「小瀧望さん」がある出来事をきっかけに「ステージ上」で感極まっていたといいます。その現場の裏側を、「メンバー」の「桐山照史さん中間淳太さん」が語りました。

1月スタート」の「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival」は、「横浜アリーナ公演」を皮切りに福岡や静岡などを回り、「5月1920日」の「北海道立総合体育センター公演」をもって終了しました。「ラジオ番組」「ジャニーズWEST 桐山照史中間淳太のレコメン!」「文化放送5月24日放送」には、同公演に参加した「リスナー」から「最終日のPARA! PARA! チャ~ハンの時にたくさんのスタッフさんがサプライズでパラパラを踊ってましたねWESTは本当にスタッフさんにもファンにも愛されているグループなんだなと感動しました」とのお便りが届きました。

この「PARA! PARA! チャ~ハン」とは、昨年「6月発売」の「シングル」「おーさか☆愛・EYE・哀/Ya! Hot! Hot!」の通常盤に収録された「カップリング曲」です。「メンバー」が中華鍋を持ちながら、過去に流行した「ダンス」「パラパラ」を踊る、賑やかな「パフォーマンス」が「ファン」にも人気の「1曲」です。




そして公演最終日、「桐山照史さん」によれば、「センターステージ」で「パラパラ」を踊っていた際、耳につけている「イヤーモニター」を通じて「スタッフ」が指示を飛ばしていたといいます。ですが、よく聞き取れず「!」といった一言のみ確認できたそうで、「桐山照史さん中間淳太さん」はその瞬間を思い返し、

小瀧が踊るのやめたんですよ急に泣きだして。「ー、どうした大丈夫か?」と思ったらステージパッと見たらほぼスタッフさんがバっと」「桐山さん
ほぼオールスタッフさんがステージに出てパラパラ踊ってくれてて」「中間さん
あれだけきらびやかなステージが真っ黒になったからスタッフTシャツやからみんな」「桐山さん
ありがたかったうれしかったね」「中間さん

と、感慨深げに「コメント」しました。めったにない「スタッフ」の「サプライズ」は、よほど「メンバー」の心に響いたようです。これを受け、「レコメン!」の「パーソナリティ」を務めている「お笑いトリオ」の「オテンキのりさん」が「それはスゴい人柄だね」と、「ジャニーズWEST」が「スタッフ」に支持されていることを褒めると、「桐山照史さん」が「その1日前もね北海道で打ち上げをさせてもらってなんかアリーナクラスにしてはスタッフさんの数が多くついてくださってたみたいで」と述べ、「中間淳太さん」も「ドーム公演並みのスタッフさんの数らしいです150人近く」と、報告しました。「2人」は「ありがたい」と、あらためて関係者への感謝を口にし、「ホンマにスゴいいいライブになったなとファンの方もスゴい笑顔をたくさん見れました」と「中間淳太さん」が総括しました。

また、「桐山照史さん」が再び「小瀧望さん」について「泣き虫なんすよアイツ」と言及したところ、「中間淳太さん」は「今回、「ライブの構成を結構小瀧が背負ってた部分があったから余計にこみ上げるものがあったんじゃないかと安心というか」と、気持ちを代弁しました。一方で、「泣かなかったです一滴の涙もカラッカラでした」と「桐山照史さん」は強がりましたが、「でも実はウルッとくてちょっとヤバいなと思いましたけどみんな泣いちゃうとなと思って」と、「メンバー」の様子を見て我慢していたそうです。




さらに、番組後半の「桐山VSのり真夜中の常識力テスト!」「コーナー」でも、「同ツアー」にまつわる「トーク」が繰り広げられました。「CarnivalカーニバルとフェスティバルFestivalの違い」を当てる問題が出され、「カーニバル」は「参加型」で、「フェスティバル」は「見学」の意味合いだと知った「桐山照史さん」は、

あれ俺らWESTivalって言ってたのに参加型じゃなかったあれ」。「フェスティバルとWESTをかけてたんですよ。「みんなも一緒に盛り上がろうっていうコンセプトでやります」言うてたけど、「フェスティバルの意味は見学やった

と、「ガッカリ」していました。英語が話せる「中間淳太さん」は「2つ」の単語の違いを理解していたようですが、「これはもう小瀧さんノリノリやったから何も言えなかった」と、構成に関わっていた「小瀧望さん」の熱意を感じ、訂正できなかったようです。「桐山照史さん」が「わかってたんや!」と驚くと、「ほとんどないけどね違い」「中間さん」「「“楽しければいいじゃん”」って話」「のりさん」と、まとめたのでした。

スタッフ」もこうした「“お祭り騒ぎ”」の「コンセプト」に乗じて、「メンバー」や会場を楽しませるために「サプライズ」を実行したのでしょう。今後も温かい「スタッフ」と一緒に、「ジャニーズWEST」らしい明るく華やかな「ステージ」を作り上げていってほしいものですね。

小瀧望さん」の「ライブ」に対する熱い気持ちが伝わってきて「メンバースタッフ」の「チームワーク」の良さが素晴らしいですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。