宮田俊哉★HUNTER×HUNTER★愛がスゴい★ガチオタも認めた本物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「宮田俊哉★HUNTER×HUNTER★愛がスゴい★ガチオタも認めた本物」の事をお伝えしたいと思います。

5月24日」に放送された「バラエティ番組」「アメトーーク!」「テレビ朝日系」に、「Kis-My-Ft2宮田俊哉さん」が登場しました。同番組は、回ごとに「テーマ」に沿ったお笑い「タレント」たちが数人集められ、「マニアック」で熱い「トーク」を繰り広げる「バラエティ」です。今回は、「少年マンガ雑誌」「週刊少年ジャンプ」「集英社」で連載中の「大人気マンガ」「HUNTER×HUNTER」を愛する人たちが集い、作品の魅力を語りつくしました。




宮田俊哉さん」が「アニメ」や「マンガ」の「“オタク”」であることは、今や「ジャニーズファン」のみならず、世間の「オタク」たちにも浸透しています。「Kis-My-Ft2」が「パーソナリティ」を担当する「ラジオ」「キスマイRadio」「文化放送」では、「宮田俊哉さん」が「アニメ」を語るだけの「個人コーナー」が設けられていたり、「アニメマンガ関連」の仕事が続々舞い込んだり、「宮田俊哉さん」の「オタク」は単なる趣味ではなくなっています。実は、昨年「10月」に放送された「日曜もアメトーーク2時間半SP」「テレビ朝日系」にも「宮田俊哉さん」が出演しており、「アニメソング」の魅力を熱く語る姿が視聴者から好意的に受け止められていました。

そんな「宮田俊哉さん」は、筋金入りの「HUNTER×HUNTER」「オタク」でもあります。「2013年」に放送された「バラエティ番組」「ジェネレーション天国」「フジテレビ系」で「同マンガ」が取り上げられた際、「ボクはHUNTER×HUNTERを読むために生まれてきた」「「HUNTER×HUNTERは人生!」という名言を生み出し、「ネット」上で大きな話題になりました。作中に登場する「“水見式”」という能力を出すべく練習したことや、「キャラクター」の格好をまねて生活した時期があったことなどを語り、熱狂的な「ファン」だと「アピール」していました。

今回の「アメトーーク」でも、「宮田俊哉さん」は「スタジオ」に登場して早々「「HUNTER×HUNTERを読むために生まれてきたんじゃないかなって思うぐらい好きなんですよ」と発言しました。その後も、他の「ゲスト」が作品を「プレゼン」している時に突然割り込んで説明を始めてしまったり、「す~げ~な~マジすげ~!」と笑顔で絶叫したり、気持ちが抑えられない「宮田俊哉さん」の姿が度々見られたのでした。




また、お気に入りの名場面を紹介する「シーン」では、出演者の誰よりも多く「フリップ」を持ち込み、悪役である「“メルエム”」という「キャラクター」の感動的な最期について熱心に「プレゼン」した「宮田俊哉さん」でした。この「シーン」は「HUNTER×HUNTER」「ファン」の間でも人気があるようで、「宮田くんがメルエムのシーンを解説してくれててうれしかった彼は本物のファンだわ」「宮田くんのチョイスが秀逸本当にHUNTER×HUNTERが好きなんだね~」「宮田くんのHUNTER×HUNTER愛は本物あのシーンは自分も大好きだから共感しかない」と「ネット」上は大盛り上がりでした。

Twitter」では「HUNTER×HUNTER芸人」「アメトーーク」「宮田くん」などの単語が「トレンドワード」の上位を独占しており、反響の大きさを証明していました。「マンガファン」からも「“本物”」だと認められた「宮田俊哉さん」は、今後「オタク業界」からさらに注目を集めそうです。

ジャニーズアイドル」の活躍だけにとどまらず「オタク」としての高い能力が発揮されている「宮田俊哉さん」は新しい分野の「ジャニーズアイドル」になるかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。