中丸雄一さん★壁ドン男子★辛辣ツッコミ★メディアに踊らされた可哀想な人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「中丸雄一さん★壁ドン男子★辛辣ツッコミ★メディアに踊らされた可哀想な人たち」の事をお伝えしたいと思います。

バカリズム」と「KAT-TUN中丸雄一さん」らが毎回女性芸能人を「ゲスト」に迎え男女の価値観の違いについて「トーク」する「バラエティ番組」「女心がわかる男わからない男」「日本テレビ系」が「25日」深夜、放送されました。

この日は「“インスタに自撮りあげまくり男”」「“自己啓発本に影響受け過ぎ男”」などの「エピソード」をもとに、「女が許せない○○男SP」が「テーマ」になっています。芸能界を代表する独身男子として、「レギュラー」の「中丸雄一さんバカリズムさん」のほか、「ミュージシャン」の「西川貴教さんお笑い芸人のバイきんぐ小峠英二さんロッチ中岡創一さん」が集合しました。そんな男性たちを査定する「女性ゲスト」として女優の「大政絢さん」と「中村アンさん」が登場しました。




まず、視聴者から寄せられたのは、「会社の同僚であるグルメ男子と食事に行った」という女性の「エピソード」です。食事中、いちいち手を止められ、「お肉は普通火を通さなければいけないのにレア状態の提供はすごいことなんだよ」「岩塩って知ってる?」と「ウンチク」を披露されたといいます。この「エピソード」に、「中村アンさん」は厳しい表情を浮かべつつ、「「俺が連れてきてやったぞ感がNGそこは多くは語らないでほしい」とし、料理で使われている食材の産地を店員に尋ねる男性に対しても、「あれはちょっと嫌!」と一刀両断していました。

そんな中、話を振られた「中丸雄一さん」は「食事は大事にしようと思ってる人生の食事の回数は決まってるじゃないですか」と「コメント」しました。苦笑いを浮かべる女性たちを尻目に、「「食事回数は無限にあるわけじゃないだから1回1回を丁寧にしたい」と力強く主張していました。

さらに、少女漫画や「ドラマ」の影響で一時流行した「壁ドン」や、女性の頭を軽くなでる「頭ポンポン」を行う「壁ドン頭ポンポンを本当にやってくる男」という「エピソード」では、「大政絢さん」が「頭ポンポン」について「私やられたことあります」と告白しました。「2人」ほどの男性からされたといい、「ドン引き」したと明かしました。

これについて、「バカリズム」や「中岡創一さん」たちは「男性はもともと壁ドンや頭ポンポンをやりたい欲求はないが女の子が好きだと言っていたからやる」と主張しました。女性たちは、あくまで漫画の中の話だと反論していました。




また、「中丸雄一さん」は「壁ドン」について「やらないです」と強く主張しました。「西川貴教さん」から「絶対ないだろうね」と声をかけられると、「ビビりなんで」と言い訳しつつ、「壁ドン男子」について「メディアに踊らされた可哀想な人たち」と分析していました。

この「コメント」に「ファン」からは「中丸くんになら壁ドンされたいわ!」「ビビリだから絶対やらないですねって可愛い」「頭ポンポンとか絶対やらないだろうねと断言されるアイドル」」といった声が集まっていました。

次週も引き続き、「女が許せない○○男SP」が「テーマ」の「女心がわかる男わからない男」です。「中丸雄一さん」から次はどんな迷言が飛び出すのか楽しみにしたいですね。

中丸雄一さん」なら「壁ドン頭ポンポン」などをしなくても「モテ」るのは当然ですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。