堂本光一さん★愛犬・パンちゃんトーク大ハシャギ★世界一テンション低いと自負

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一さん★愛犬・パンちゃんトーク大ハシャギ★世界一テンション低いと自負」の事をお伝えしたいと思います。

KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」です。「5月28日」深夜の放送では、「堂本光一さん」が登場し、「リスナー」から寄せられたさまざまな質問に答えていました。

この日、最初に紹介されたのは、「先日のどんなもんヤ!」世界で一番テンションの低い番組なら記録を作れそうだとおっしゃっていましたが今から30年前にやっていた坂本龍一さんのラジオ番組はそれに負けず劣らずのテンションだった気がします」という「メッセージ」が届きました。「才能のある人はテンションなどというものに頼らなくてもいいってことなんですかね」とつづられていました。




堂本光一さん」はこれに対し、「いや違うやん」と「ツッコミ」ました。「ラジオ」で「テンション」が低い理由は「自分の持っているキャラクター」だとし、その「キャラクター」を出せるのは「番組として長くやらせていただいているからこそ」と話しました。

例えば、「ラジオ」で新番組を立ち上げることになった場合、ここまで「テンション」が低く「MC」をすることはない、と説明しましたが、「番組スタッフ」からは笑いながら「ツッコミ」があったようです。「堂本光一さん」はそれに応じながら、「「「どんなもんヤ!」番組として成立してないとかじゃなくてそれを受け止めてくれているこの番組スタッフと文化放送さんみなさんのおかげなんですよ」「テンションとか素じゃないですかその素の部分を聞けるっていうのがこの番組の一番大きなところなんじゃないかな」と語っていました。

また、番組の後半では、「愛犬パンちゃん」を自身の姉に預ける際、「パンちゃん」が姉に強く吠えるという「エピソード」を披露しました。「堂本光一さん」が「パンちゃん」を抱っこした状態で、姉が「おいで」と言うと吠えまくると言い、その顔が気に入った「堂本光一さん」が何度も姉に「おいで」と言わせ、楽しんでいることを語っていました。それまで「テンション」低くしゃべっていた「堂本光一さん」ですが、このときばかりは嬉々として、「テンション」は高めでした。




これらの「エピソード」に対し、「リスナー」からは「テンション低いって言ってたのにパンちゃんの話題はテンション上がってる!」「最初聞いたとき怖かったけどいまはこのテンションが好き」といった感想が続々と上がっています。

基本的に「ラジオ」では無気力に聞こえる「堂本光一さん」ですが、限定的に高い「テンション」になることもあるようです。「ファン」はその一挙一動にも喜んでいるようでした。

堂本光一さん」の「テンション」の低くなったり高くなったりするのは「ファン」にはあまり関係がないようですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。