堂本光一さん★ジャニー社長★英語習得指令★知らなかった★そうなんと驚き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一さん★ジャニー社長★英語習得指令★知らなかった★そうなんと驚き」の事をお伝えしたいと思います。

KinKi Kids」の「2人」が交互に「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KinKi Kidsどんなもんヤ!」「文化放送」です。「5月28日」深夜放送回には「堂本光一さん」が登場し、「ジャニー喜多川社長」が出したと言われる「“英語習得指令”」について言及しました。




今年「2月」、「ジャニー社長」が「2020年」の東京五輪期間中、「東京銀座」一帯の劇場で自身の舞台を上演することを目指しているということで「「英語は世界共通語だから覚えてください」との指令を「ジャニーズ事務所」の「全タレント」に下したと、「一部メディア」で報じられました。これを受け、「ネット」上では「ジャニー社長が本格的に海外進出に目を向けているのではないか?」などと「ファン」が「ザワ」つき、さらに応援している「ジャニーズアイドル」の「“英語力”」を心配する声まで上がっていました。

ですが、「どんなもんヤ!」で「リスナー」から「ジャニーさんが全タレントに「“英語習得指令”」を下したと新聞に載っていましたね」という「メッセージ」を受け取った「堂本光一さん」は、「そうなん知らん!」と「キッパリ」言いました。その一方、「ソロ曲は英語の歌詞が多いし、「Endless SHOCKダンサーとの英語のコミュニケーションもあるから英語はある程度習得済みだったりしますか?」との質問に対しては、「英語ね聞くことはだいたい なんとなくできる」と、多少の自信をのぞかせたのでした。

そんな「堂本光一さん」は、会話を完璧に成立させることは大変だと語り、「日本人にとってRアールの発音非常に難しいじゃないですか」と例を出して熱弁しました。例えば、「heart」と「hurt」、「farther」と「father」が難しいとし、「聞き分けできんねんけどサラっと言われたらわからん!」「それを発音しようと思ってもできない」と苦笑していました。英語の難しさに文句を言っていた「堂本光一さん」ですが、外国人にとっては日本語も同じ読み方で違う漢字があるなど、英語以上に難しさを感じるだろうと理解を示していました。




また、英語習得指令を下したという「ジャニー社長」については「ジャニーさんに英語教えてって言ったらもう言葉なんて教えることなんてないんだよ!」って一蹴されたけどね」と、「ジャニー社長」の「モノマネ」をしながら思い出し笑いしました。少し冷たい発言のようにも思えるが、「ジャニー社長」が「所属タレント」の「“自主性”」に任せていることがよくわかる「エピソード」でもあります。

堂本光一さん」の発言を聞くと、本当に「ジャニー社長」から指令が出されたのかは定かでないのですが、今後「ジャニーズアイドル」が世界に羽ばたいてくためには英語が必須になるはずです。今のうちに英語を習得した人が、「2020年」に大活躍しているかもしれないですね。

2020年」に向けて「全ジャニーズタレント」が「英語取得」をすれば「東京五輪」の時には大変なことが起きているかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。