山田涼介さん★もみ消して冬★初回13.3%★ギャグ不自然★次は見ない

こんばんは。
今日は「山田涼介さん★もみ消して冬★初回13.3%★ギャグ不自然★次は見ない」の事をお伝えしたいと思います。

Hey!Say!JUMP」の「山田涼介さん」が主演を務める「連続ドラマ」「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」「日本テレビ系」の「第1話」が「1月13日」に放送され、視聴率が「13.3%」「ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同」だったことがわかりました。「好スタート」を切ったものの、視聴者からは「面白いけど内容自体は薄い感じ」といった声が上がっていました。

同ドラマ」は、家族愛に溢れる「エリート3兄弟」が、一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決する、痛快「“どコメディ”」「ホームドラマ」です。主役となる末っ子刑事が、「“家族への愛情”」と「”職業倫理観”」の狭間で葛藤しながら事件に挑む様子と、その人間的成長を描きます。主人公の「刑事・北沢秀作」を演じる「山田涼介さん」のほか、「敏腕弁護士・北沢知晶役」の「波瑠さん」、「天才外科医・北沢博文役」の「小澤征悦さん」、執事見習いの「千葉雄大さん」など、「豪華キャスト」の共演が話題を呼んでいました。




第1話」では、「3兄弟」の父親であり難関私立中学の学園長を務める「北沢泰蔵」「中村梅雀さん」が、ある女性に裸の写真を撮られて脅迫を受けるという「スキャンダル」が勃発します。「ショック」を受けつつ、職業倫理を無視してでも解決しようとする「博文」と「知晶」、そして「2人」の様子に戸惑う「秀作」の姿が中心に描かれました。

ネット上」には、「「コメディドラマだけあって、「サクっと見れていいね!」「「山田君の顔芸がめっちゃヤバこれは面白いわ」「土曜の夜にはちょうどいいユル」といった好評価の感想が上がっています。一方で、「最初は面白かったけどどんどん内容が薄くなっていった印象」「終盤のやっつけ感が強い」「山田涼介だけいかにもギャグ」です★ という演技に見えてしまって不自然、といった声も続出しています。賛否両論といった様相になっています。

第1話」の視聴率は「13%」超えの「2ケタ」を「マーク」しました。ですが、「2週目」以降の下落を心配する声も上がっています。

日本テレビ」の土曜「午後10時台」の「ドラマ」は、「KAT-TUN・亀梨和也さん」「「ボク」、運命の人です。」「関ジャニ∞・錦戸亮さん」「「ウチの夫は仕事ができない」「嵐・櫻井翔さん」「先に生まれただけの僕」と連続して「ジャニーズタレント」を主演に起用し、「3作品」とも「第1話」の視聴率は「10%」超えを記録しました。しかし「第2話」以降はいずれも「1ケタ」台に転落し、最終話でも「2ケタ」に乗せることができませんでした。今回も同じく「ジャニーズ主演ドラマ」とあって、「ファン」以外の視聴者が脱落しないかに注目が集まっています。




日本テレビ」側からすれば、「4度目」の挑戦となる土曜夜の「“ジャニタレ枠”」です。さすがに今度こそ「ヒット」を飛ばしたいところですが。

すでに「ネット上」には「中身がなくて中途半端役者のテンポも悪いし次は見ない」「内容がなくて、「1話にして飽きた」「「第2話以降はジャニオタしか見ないだろうな」といった声が出ています。中には「「第1話は興味本位で見てる人も多いだろうから、いろんな意見があって当たり前。とにかくスタッフ」と「キャストには頑張ってほしい」と擁護する声もありますが、制作側は気が気じゃないでしょうね。

第2話」以降も視聴者の関心をつなぎ止められるか、物語の展開を見守りましょうね。

ジャニーズアイドル」「4度目」正直で名誉挽回なるかこれからが勝負ですよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。