伊野尾慧さん&有岡大貴さん★スケベ&宗教的★大興奮した男女のシチュエーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧さん有岡大貴さん★スケベ宗教的★大興奮した男女のシチュエーション」の事をお伝えしたいと思います。

毎週土曜日午後「8時5分」から「11時」まで生放送されている「らじらー!SATURDAY」「NHKラジオ第1」です。「8時50分」までは「Hey!Say!JUMP八乙女光さん」と「伊野尾慧さん」が「パーソナリティ」を務め、軽快な「トーク」を展開しています。

6月2日」放送回では前回に引き続き、舞台公演中の「八乙女光さん」がお休みでした。先週は「Hey!Say!JUMP」の「薮宏太さん」が「八乙女光さん」の代わりを務めましたが、今週は「他メンバー」の「有岡大貴さん」が登場しました。「らじらー!SATURDAY」の出演は「3回目」だという「有岡大貴さん」は最初から「テンション」が高いようでした。

この「1週間」の間に、「有岡大貴さん」は「八乙女光さん」が出演する舞台「薔薇と白鳥」を見に行ったのだそうです。その後、「Hey!Say!JUMPメンバー」の「知念侑李さん」とくら寿司に行き、「2人」で「20皿」食べたようです。最近、「有岡大貴さん」は「オムライス専門店」「ポムの樹」の「キャラクター」に就任し、「オムライス大使」に任命されたため、「オムライス大使なのに最初に出すのが寿司の話題って」と「伊野尾慧さん」に「ツッコ」まれていました。




最初の「コーナー」は、「リスナー」が友人との仲良し「エピソード」を披露する「イノちゃんダイちゃん聞いて私のイチャイチャ」です。中学生からの知り合いという「伊野尾慧さん」と「有岡大貴さん」は、昔から体の悩みをはじめ、さまざまなことを打ち明け合ってきたほど仲がいいようです。

リスナー」からのお便りで、「2人」が最も食いついたのが、「“友達以上恋人未満”」の男子と毎週、公園にある「ドラム缶」の中で話し合い、最後の「30分」は「ハグ」し合っているという女子高生の「エピソード」でした。「2人」は「おいおいちょっと待ってくれよ」と動揺し、「30分もハグできる?」「有岡さん」「肩がいっちゃうね」「伊野尾さん」と、反応しました。「伊野尾慧さん」は、「ドラム缶で30分ハグの方がスケベだと思う」と指摘し、「男女がドラム缶で抱き合っていたらそれは宗教的ななにかだよ何か召喚しようとしている感じの」と、「2人」で大盛り上がりしました。

さらに、「20歳」と「14歳」でとっても仲良しという姉弟の「エピソード」も紹介しました。ここでも「有岡大貴さん」は「弟が10代でハグできるうちにハグしておこうドラム缶立てて」と、前出の「エピソード」を引用するほど、お気に入りの様子でした。

続いて、毎週恒例の「ファッションチェック」の「コーナー」です。自らを「ファッショニスタ」と称する「有岡大貴さん」ですが、「伊野尾慧さん」からは「2周回っておしゃれ」、「Tシャツの裏の柄はゴミついているみたい」と、なんとも微妙な評価です。「スニーカー」好きの「有岡大貴さん」はその日履いている「スニーカー」も自分で加工したようですが、これも「暇だね」と「ツッコ」まれてしまいました。




最後は「人気コーナー」「今夜きみに尽くします」です。「リスナー」からのお題に対し、とことん尽くす「セリフ」を考え、勝敗を「リスナー」に「ジャッジ」してもらう「コーナー」です。「仕事に疲れている銀行員」の「リスナー」に対し、「有岡大貴さん」は「大丈夫今日は変なお客さん来なかった僕が迎えに来たから心の疲れというローンを僕が返済するよ」と「コメント」しました。対する「伊野尾慧さん」は、自身を医者と設定し、「好きな人に振り向いてもらえない」という「リスナー」に「心療内科を普段は紹介するけど今日は特別に僕の家の紹介状を書きますね」と返答しました。

続けて、「ジェットコースターが苦手で泣いてしまう」「リスナー」に、「「ジェットコースターを降りたら30分抱きしめてあげる」と「有岡大貴さん」が返すも、「リスナーからのネタを使うなよ!」と「伊野尾慧さん」から警告が飛んでしまいました。そんなこんなで、結果は「有岡大貴さん」が勝利しました。「罰ゲーム」として、「伊野尾慧さん」は「有岡大貴さん」に体をくすぐられ、なんと右乳首もつねられるという展開になりました。

ゲーム」には「有岡大貴さん」が勝利しましたが、「ファン」からは「お家の紹介状書いてほしい!」と「伊野尾慧さん」の「セリフ」に歓喜する声が続出しました。来週は「1人」で「MC」を務めるという「伊野尾慧さん」ですが、この調子ならば大丈夫そうですね。

リスナー」の質問に「ジョーク」を交えて回答する「2人」には可愛いさを感じますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。