相葉雅紀さん★ジムやダンスはチャーハンを作るため★このために鍛えてんだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀さん★ジムやダンスはチャーハンを作るため★このために鍛えてんだ」の事をお伝えしたいと思います。

」の「相葉雅紀さん」が、番組を通して日本の文化や食材を学んでいく「バラエティー番組」「相葉マナブ」「テレビ朝日系」です。「6月10日」の放送では、「お笑い芸人のアンジャッシュ渡部建さん」と「ハライチ澤部佑さん」と栃木県鹿沼市の「ゆめみどり」という「ニラ」を収穫し、地元農家ならではの絶品料理を堪能しました。

今回、「“ニラ餃子”」を作った「相葉雅紀さん」ですが、さすがは中華料理店の息子です。餃子を包むのは、不器用な人にとってはかなり難しい作業になるのですが、「相葉雅紀さん」は慣れた手さばきで素早く包んでいきます。これには、地元農家の奥さんたちから「きれ~!」という声が上がり、拍手が巻き起こっていました。




続いて作った「ニラ料理」は、「相葉雅紀さん」の「“十八番”」である「チャーハン」です。「スピード勝負」となる「メニュー」ですが、中華料理店の「DNA」を継いでいるだけあって、中華鍋のあおりもお手の物です。そこで、「澤部佑さん」から「相葉雅樹の鍋ふりだ~!」と声がかかると、勢いづいた「相葉雅紀さん」は「このために鍛えてんだチャーハンを作るために!」と「コメント」しました。

それを受けて、「ジムとか行ってるのもこのために?」と「澤部佑さん」が聞くと、「このために行ってます!」と返し、さらに「嵐のダンスとかもこのために?」と聞かれると、「相葉雅紀さん」は「このために嵐のダンスやってます!」と断言、「スタッフ」を爆笑させていたのでした。

このやりとりには、「中華鍋振るために嵐のダンスやってるんだ」」「相葉さんのジム通いは中華鍋を振るためだったの?」「中華鍋のために鍛えてる相葉君」と、「ファン」も「大ウケ」だった様子です。

そして、地元の料理を教えてもらったお返しに、「相葉雅紀さん」が料理を作ることになりました。すでに「十八番」の「チャーハン」は地元料理として紹介されてしまったため、今回は「ニラ麻婆」を料理します。




この番組を毎回見ている視聴者には知られたことですが、「相葉雅紀さん」のお返し料理はほぼ、「“チャーハン”」or「“麻婆”」の「2択」しかないようです。そのため、地元料理として「ニラチャーハン」を作るとわかった時には、思わず「相葉雅紀さん」が「~!取られた取られた!」と頭を抱える場面も見られました。「自動的にあと1択!」と、お返し料理の「レパートリー」が「2種類」しかないことを自ら認めていたのでした。

とはいえ、「相葉雅紀さん」の作る中華料理はいつもおいしそうな出来栄えです。今回の放送でも、「相葉さん餃子の包み方上手さすが!」「自分はいまだに成功しないことの方が多いけど 相葉ちゃんすごいな」「相葉くんって中華鍋似合うアイドルだな」と、「ファン」から絶賛の声が上がりました。

さらに、「相葉雅紀さん」の作った餃子を見て「相葉くんの作った餃子が食べたい!」という「ファン」が急増しました。これでまた、実家のお店に急行する「ファン」が続出するかもしれません。結果として、中華料理店の息子の役割はしっかりと果たしているようですね。

中華料理店」の息子だけに餃子作りや「チャーハン」作りも「相葉雅紀さん」にとっては当たり前のことでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。