岩橋玄樹さん★毎度ながら天才★ファン感心★ZIP!で見せた姿とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岩橋玄樹さん★毎度ながら天才★ファン感心★ZIPで見せた姿とは」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「レギュラーコーナー」「KingPrince GINZA DEBUT!」を担当している「KingPrince」です。「6月1115日」は、「岩橋玄樹さん高橋海人さんコンビ」が「ブラジル」の格闘技「カポエイラ」に「チャレンジ」しました。

カポエイラ」は「ダンス音楽格闘技」を融合させた「ブラジル」の伝統芸能で、今回習うのは「アンゴラ流」という音楽と「ダンス」が「メイン」になっているものです。そのため、初日は音楽について学ぶことになりました。




弓に「コイン」がついた「ブラジル」の民族楽器「ビリンバウ」は、弓を弦で弾き、「コイン」で音階を調節するという至って「シンプル」な演奏方法ですが、まったく「リズム」をつかめない「岩橋玄樹さん」でした。「玄さんリズム!」と「高橋海人さん」から応援されるものの、講師から「ノットビリンバウ」と評されてしまいました。その結果、「岩橋玄樹さん」は「こするだけ」という一番簡単な楽器に変更しました。

続いては、「ジンガ」という「ステップ」に挑戦しました。左右の足を下げながら交互に「ステップ」を踏むもので、重要なのは胸や顔を腕で「ガード」する仕草です。にもかかわらず、「岩橋玄樹さん」は「ステップ」を踏んでいる間はしっかりと「アイドルポーズ」を決め、独特の「ステップ」を披露する余裕ぶりで、そんな様子を見かねたのか、音楽はどんどん速くなり、最終的には高速になりました。これには、「岩橋玄樹さん」も講師に思わず「こんなこと高橋はやってないでしょここまで習ってないよ」と反論していたのでした。

この後の「エスキーヴァ」という身を交わす防御動作も、「投げキッス」を織り交ぜてきた「岩橋玄樹さん」でした。これに「高橋海人さん」は、「「投げキッスとかしんどいしんどい」と連呼していましたが、「ファン」からは「ポージングが本当に毎度ながら天才だね」「さすがいつでもアイドルを忘れない岩橋くん」「今日もアイドル全開!」と、ぶれない「岩橋源基さん」の姿を喜んでいたようです。




一方の「高橋海人さん」は、持ち前の「ダンス力」と長い手足でどれも難なく「クリア」しました。最終日は「岩橋玄樹さん」と組み手を行い、息の合った「コンビネーションステップ」をみせていました。「音楽があると気持ちものってくるから自然とカポエイラが出ますね。「秘めたカポエイラが」」と、「岩橋玄樹さん」も満足げでした。

ですが、「岩橋源基さん」は初日の楽器挑戦で見せた不甲斐ない姿が心残りだったようで、最後は本人の希望により、「カッコ」いい「演奏シーン」を撮影して締めくくることになりました。ですが、「岩橋玄樹さん」が演奏しているのは、やっぱり一番簡単な楽器です。そんな「岩橋玄樹さん」のわがままに付き合う形で、「高橋海人さん」も演奏に加わりましたが、「いわちに振り回される末っ子かいちゃんの姿が良かった~」と「ファン」も満足だったようです。

今回は、何をしても「“アイドル感”」が出てしまうことを、「ナレーション」や「テロップ」で「イジラ」れていた「岩橋玄樹さん」でした。ですが、これこそが「岩橋玄樹さん」の良さであることは間違いないようです。

器用な「高橋海人さん」と違い少しだけ不器用な「岩橋玄樹さん」も「ファン」にしてみれば可愛いく見えてしまうんでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。