佐藤勝利さん★ささやかで大きな成長★ジャニーズファンだけがわかること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「佐藤勝利さん★ささやかで大きな成長★ジャニーズファンだけがわかること」の事をお伝えしたいと思います。

菜々緒さん」の美脚と回し蹴り、美しい悪魔ぶりばかりに話題が集中した「ドラマ」「Missデビル 人事の悪魔椿眞子」「日本テレビ系」が、「6月16日」に終了しました。最終話は視聴率「9.3%」「ビデオリサーチ調べ関東地区」を記録し、まずまずの結果となりました。

そんな中、「Sexy Zone佐藤勝利さん」は、「ヘタレな新入社員」役で出演しました。「ネット」上には「演技がイマイチ」「大御所に囲まれたせいで演技が余計にヘタに見える」などという残念な感想が多数見られました。

ですが、こうした感想を見るにつけ、「佐藤勝利さん」や「Sexy Zone」の「ファン」、そして広く「ジャニーズ」を見ている「ファン」、お茶の間で彼を見てきた人の中には「こんなに上手になったのに!?」と違和感を覚えた人も少なくないでしょう。確かに、「佐藤勝利さん」の演技にたどたどしさは多少ありますが、真面目さ、真っすぐさと「ヘタレ具合」は、等身大の新入社員像を十分に表現しています。




何より、「初出演ドラマ」「ハングリー!」「フジテレビ系2012」で放った伝説的な「棒読みゼリフ」「トウチャンヤサイドロボーガイルヨ」が「ネット」上で話題となった頃から考えると、別人のように「ナチュラル」な演技です。

初主演ドラマ」「49」「日本テレビ系13」では、交通事故で亡くなった父親の魂が入り込んでしまった男子高校生役を演じました。「父親の魂が乗り移ったことで明るい性格の人気者に変化する」設定ながら、濃淡があまりない淡々とした「セリフ回し」と、高校生らしからぬ落ち着きっぷりに、「“オヤジ子ども感”」はどうしてもありました。ですが、そもそも「オヤジの魂が入っている」設定なのですから、これはぴったりでした。

そして「99.9刑事専門弁護士SEASONII」「TBS系17」では「謎の少年」として出演しました。重要な役どころを担いましたが、「登場シーン」はわずかでした。

顔面国宝」ともいわれる整った顔立ちを武器としながらも、真面目で古風で安定した性格のためか、「声色」共に表情が乏しいのは、弱点に見えました。強い「目ヂカラ」と美しい顔、表情の乏しさを最大限に生かすために、「セリフがあまりない殺人鬼役などをやるといいのに」などのお節介な意見が、「ネット」上で見られることもありました。

ですが、今作で見せた、「菜々緒さん」に「ビビ」ったり翻弄されたり、恋心に浮足立ったりする表情には驚きました。「いつの間にこんな顔をするようになったのだろう」と思いました。かつて「すかしっぺ」などと「ネット」上で辛辣な表現をされることのあった声にも、芯ができ、表情や艶が生まれ、歌唱力も昔に比べて格段に上がっています。




演技や歌はどうしても「センス」に左右される部分が大きいので、初挑戦からうまい人というのは、「ジャニーズ」内にだっています。ですが、「佐藤勝利さん」の場合、入所後、何もわからないうちに「デビュー」が決まり、「グループ」の「センター」になり、「ドラマ」や映画、舞台などに主演してきました。ですが、歌も「ダンス」も演技も決して得意な方ではありませんでした。

そんな中、立場から生まれる責任感と、数々の経験、「プライベート」を含めたつらく悲しい出来事などが、かつて「美しい人形」に見えた彼の内面を豊かにさせ、表現を多彩にさせたのではないか、という気もします。

最初からうまい人の「パフォーマンス」よりも、不器用な人がゆっくりながらも地道に成長していく様子の方が、人の心を打つことは多々あります。もしかして「YOUは特別カッコいいよ!」と、「ビジュアル」を「ベタ褒め」した「ジャニー社長」も、それを読んでいたのでは と思ってしまうのは「ジャニオタ脳」でしょうか。

一般的には「ヘタ」「イマイチ」と一言で片づけられてしまう「佐藤勝利さん」の演技力です。ですが、その成長ぶりは、「ジャニーズファン」だけがわかる密かなお楽しみとしておきたいですね。

ファン」としては「主演ドラマ」の演技を見たくて仕方ないでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。