相葉雅紀さん★僕とシッポと神楽坂★原作者驚愕★奇跡のお話明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀さん★僕とシッポと神楽坂★原作者驚愕★奇跡のお話明かす」の事をお伝えしたいと思います。

相葉雅紀さん」主演の「10月期ドラマ」「僕とシッポと神楽坂」「テレビ朝日系」です。「たらさわみち氏」の「マンガ」「僕とシッポと神楽坂」「シッポ街のコオ先生」「集英社クリエイティブ」が原作で、「相葉雅紀さん」は獣医師役に初挑戦します。「ファン」の間では、早くも「動物好きの相葉ちゃんにぴったりの役」と話題になっていますが、「キャスティング」の裏には「“奇跡的な巡り合わせ”」があったといいます。

これまで、「レギュラー出演」する「天才志村どうぶつ園」「日本テレビ系」などを通じて多くの動物たちと触れ合ってきた「相葉雅紀さん」です。「ドラマ」では、「東京神楽坂」にある動物病院で働き、確かな腕と優しい心を持ち、人々から「コオ先生」と呼ばれる主人公の「獣医師高円寺達也」を演じます。「相葉雅紀さん」本人は「一話に一回は手術のシーンも出てくるのでクランクインまでにそういった技術の練習もしていきながら役作りも含めて準備していきたいと思っています」と意気込みを寄せ、「ドラマ」の「公式Twitter」は「6月15日」の「ツイート」で「相葉さんは先日無事にクランクインしました」と報告していました。

また、「テレビ朝日」の「都築歩プロデューサー」は「主人公の獣医師通称コオ先生は相葉雅紀さんのイメージそのものでこの「“奇跡の合致”」を逃すわけにはいかない絶対に演じていただきたいと思いオファーさせていただきました」と、熱意を持って「相葉雅紀さん」に声をかけたことを明かしています。さらに、原作者の「たらさわみち氏」も、「相葉雅紀さん」主演での実写化を喜んでいる「1人」です。




20日」、自身の「ブログ」で「このシリーズは描き続けて今年で25年目にあたり私にとってもまさに記念の年に奇跡のお話をいただいたと感激しております」とつづり、「シリーズ」の歴史を回顧しました。「たらさわみち氏」によれば、「コオ先生」はかつて「サブキャラ」だったものの、「キャラクター」として人気が出たため、独立して神楽坂を舞台とする話が作られたようです。

ブログ」では、「コオ先生」が登場した「マンガ」の「コマ」を載せながら、「ジャニーズ系ということで紹介されてました」「当時嵐さんはまだ結成されてなかったので以下の描き文字背負っております」と、説明しています。背景には「すまっぷ」の文字が描かれています。また、「相葉雅紀さん」は「12月24日」生まれですが、なんと「コオ先生」も初期設定で同じ誕生日だったようで、証拠となる「コマ」も掲載しています。これには、「たらさわみち氏」も「相葉さんのプロフィール拝見してこの事実を知ったときにまじですか???!!!って不思議な巡り合わせを感じました」と、衝撃を受けたことをつづっています。過去、「ドラマ化」の話があった時は実現に至らなかったそうですが、今回は「イメージ」に合う主人公に決まり、「プロデューサー」にも感謝していました。

さらに、主人公と「相葉雅紀さん」の誕生日の接点だけではなく、「たらさわみち氏」にとって「もう一つプチミラクル」があったといいます。「知り合いにミステリー作家太田忠司さんがいるのですが太田さんの初の映画化が新宿少年探偵団」」「確か嵐さんメンバーだったような と思って改めて見ましたらJr.の頃の相葉さんが主演されていたのですよね?!」と、思わぬつながりに驚愕していました。

1998年」に公開された「新宿少年探偵団」は、「相葉雅紀さん」と「松本潤さん関ジャニ∞・横山裕さん」らが出演した作品で、当時の「たらさわみち氏」は映画館まで足を運び、くじで「ポストカード」を引き当てたそうです。「そのカードを引っ張り出してじっくり見ていたのですが相葉さん お若いというか少年ですね20年後に獣医師役として私の作品に関わってくれることになるとは本当に感慨深い!」と、興奮気味に書いていました。




小説「新宿少年探偵団」「講談社文庫」の原作者である「太田忠司氏」も、「21日」の「Twitter」で「僕とシッポと神楽坂」の「ドラマ化」に言及しています。「古い友人」の「たらさわみち氏」との関係性に触れながら、「相葉雅紀さん」の主演は「本当に不思議な縁」「人の縁はつながっていくものですね面白いことです」と、「ツイート」していました。こうした数々の奇跡的な「エピソード」に、「相葉雅紀さん」「ファン」も「たらさわ先生と相葉さんの巡り合わせが鳥肌モノ。「新宿少年探偵団が出てくるとは思わなかった相葉さんはコオ先生になるべくしてなったんですねファンにとっても大切な作品になりそう」「相葉くんがコオ先生を演じるのはきっと運命だったんだドラマがますます楽しみになった10月が待ちきれない」と、放送開始を待ち望んでいます。

相葉雅紀さん」は、「14年公開」の映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」で主演を務めましたが、この時も小説「デビクロくんの恋と魔法」「小学館」との思いがけない結びつきが発覚しました。原作者の「中村航氏」は実写化にあたり、「主人公の化身であるデビクロくんはクリスマスイブに生まれたのですが同じ誕生日の相葉さんに演じていただくということで何やらミラクルの萌芽ほうがを感じています」と、語っていたのでした。

マンガ」や小説の実写化において、素敵な縁や運に恵まれている「相葉雅紀さん」です。「僕とシッポと神楽坂」が「ヒット」するよう、原作者や「ドラマスタッフ」の期待に応える演技を見せてほしいですね。

相葉雅紀さん」のために実写化された「ドラマ」に今から「大ヒット」の予感を感じてしまいますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。