岸優太さん★日本舞踊女形★非常にハマってる&素晴らしい★先生絶賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太さん★日本舞踊女形★非常にハマってる&素晴らしい★先生絶賛」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「レギュラーコーナー」「KingPrince GINZA DEBUT!」を担当している「キンプリ」です。「6月2529日」は、「岸優太さん」と「神宮寺勇太さん」の「“Wゆうた”」が、日本舞踊「“尾上流”」稽古場を訪れ、今後、役者の仕事に役立つであろう表現力について学びました。

初日は、礼儀作法について学ぶことになりました。「神宮寺勇太さん」は「5月3日」の放送回で「永瀬廉さん」とともに「マナー講習」を受けていることから「マナー講座で部屋の入り方を習ったので正直先生がチェックするところはないと思います」と自信満々でしたが。

いざ実践に入ると「ちょっと待って障子やったことないわ」と、初っ端からつまづく「神宮寺勇太さん」です。しかも、「“障子”」ではなく「“ふすま」”」だということにも気づいておらず、襖を開けると、今度は「2人」で顔だけ「“ひょっこり”」してしまいます。先生から「2人して顔を出す必要はなかったかな」と、覗き込んでしまったことが原因で、「100点満点中35点」という低評価を受けてしまっていました。




2日目」からは、「神宮寺勇太さん」が男役、「岸優太さん」が女役に分かれて日本舞踊に挑戦しました。「神宮寺勇太さん」は初めこそ「「歩き方が大地を踏み固めるロボットみたい」と言われていましたが、男役の舞いでは特技の空手を生かした男らしい動きが「ビシ」っと決まり、「スタジオ」で「VTR」を見ていた「桝太一アナウンサー」から「ー!」という声が上がるほどでした。

一方の「岸優太さん」は、女役の歩き方を「意外にいい!」と褒められ、「来ましたね俺の時代が」とうれしそうでした。その後、「神宮寺勇太さん」と手をつないで「カップル」の歩く姿を表現すると「岸さんの女性像の作り方が非常にハマってます」と先生も驚くほど、女形としての素質を持ち合わせているようでした。

女形の舞でも、妖艶に見事やってのけ「どんどん良くなってきてます素晴らしいです!」と先生も絶賛しました。ですが、「女性っていう想像が形になって出てきた」と手ごたえを感じている「岸優太さん」に対し、「やればやるほどちょっとずつ岸が女性に見えてくるっていう恐怖がある」と語った「神宮寺勇太さん」です。

それでも最終日には、演目「松の緑」「だぶるゆうた」として、「2人」で息の合わせた男女の舞いを披露し、習ったばかりとは思えないほどの「レベル」の高い舞踊をみせたのでした。




最後には「ちょっと自分の中に女性のスイッチがあるんだなってわかった」」と手ごたえを感じた様子の「岸優太さん」と、それに対して「見れなかったもん岸君の顔役で好きになっちゃうもん」と大胆告白していた「神宮寺勇太さん」でした。どうやら前日に「神宮寺勇太さん」が発した「恐怖がある」という言葉の真意は、「岸に対して「“恋心”」が生まれそうな自分が怖い」という意味だったようです。

ファン」も「岸くんの女役がハマりすぎて舞が全編見たすぎる」「神宮寺くんが好きになりそうなほどの岸くんが素晴らしかった」「岸くんの隠れた才能に気づかせてくれた今回の企画に感謝です!」と、「岸優太さん」の新たな才能を絶賛しました。

今回の「ロケ」で、「2人」はお互いに相手の知らなかった一面を知ることになったようですね。

岸優太さん」の女形を目の当たりにすれば「神宮寺勇太さん」でなくとも好きになってしまうかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。