KAT-TUN・中丸雄一さん★解散して要望★完璧回答★対応力称賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「KAT-TUN・中丸雄一さん★解散して要望★完璧回答★対応力称賛」の事をお伝えしたいと思います。

約1年8カ月」の「“充電期間”」を経て、今年「1月1日」から「グループ」での活動を再開させた「KAT-TUN」です。「2016年3月」に「田口淳之介さん」が脱退し、「同年5月1日」の「東京ドーム公演」をもって「ソロ」の仕事に専念していましたが、昨年末の「ジャニーズカウントダウン 2017‐2018」で「再スタート」を「ファン」に発表しました。そんな中、「グループ」の「解散」を願う「一部ファン」の意見に対し、「グループ」の「最年長・中丸雄一さん」が厳しい言葉で苦言を呈したといいます。

KAT-TUN」は「06年3月」に「6人グループ」として「Real Face」で「CDデビュー」を果たしましたが、「亀梨和也さん」とともに人気を引っ張っていた「赤西仁さん」が「10年」に脱退しました。「13年10月」には「度重なるルール違反があった」との理由から、「ジャニーズ事務所」が「田中聖さん」との契約を解除し、「4人組」になりました。さらに、「16年3月」に「田口淳之介さん」までもが脱退してしまい、残る「中丸雄一さん亀梨和也さん上田竜也さん」は「グループ」のあり方を見つめ直すためにも、「同年5月」から「ソロ活動期間」に入っていきました。

3人」はそれぞれ、「ドラマ」や舞台などでさらに経験を積み、精力的に活動していました。「昨年10月」、「中丸雄一さん」は自身が構成と演出を手がける一人舞台「中丸君の楽しい時間2」の「公開ゲネプロ」が行われた際、「みんなも個人活動を充実させているので個人的にはそろそろいっていい同じ方向を向いていると思う」と「コメント」し、「KAT-TUN始動」に向けた準備に入っていることをほのめかしていました。




そして、「大みそか」に「東京ドーム」で開催された「カウコン」には「3人」で「ステージ」に登場し、「ファン」の前で活動再開を報告しました。「1月期」の「亀梨和也さん」「主演ドラマ」「FINAL CUT」「フジテレビ系」の主題歌「Ask Yourself」を担当しているほか、「4月」には「東京ドーム」で「3日間」の「コンサート」を行う予定です。「3人」での「パフォーマンス」を待ちわびた「ファン」にとってはようやく安堵の日々が訪れたはずですが、「ジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s web」の「中丸のページ」内にある連載に、「ファン」を騒然とさせる「コメント」が掲載されました。

問題となっているのは、「1月16日」の更新記事です。「“ペンペン校長”」こと「中丸」が「ファン」のお悩み相談へ応じる「校長室コーナー」に、「今のKAT-TUNファンレベルと質が悪い」「今のままで復活されても嬉しくないから解散してください」という「ストレート」な意見が寄せられました。

これに対して「中丸雄一さん」は、「自分の質というのも考えたことがあるか?」一言のみ回答しましたそれを読んだファンからは、「「中丸くんの返し最高にかっこいい」「あの質問を選んで完璧な回答ができる中丸くんやっぱり天才」「質問主への特大ブーメラン」」と、対応力に称賛の声が上がっています。

一方で、「「ファンレベルと質が悪いから解散しろってこれ送った人何様だよ」「「ファンレベルと質が悪いのは彼らのせいじゃなくてファンの問題じゃんそれを本人に解散してと言うなんて」「お悩み内容はちゃんと事務所にチェックしてもらいたい」と、質問主や相談をそのまま通した事務所側に疑問や不満を抱いた「ファン」も少なくないようです。




中丸雄一さん」は「昨年12月13日更新」の「同ページ」でも、「KAT-TUNに限らず」という前提で、「同じグループメンバーを批判する人のことをどう思うか」と問われた際、長文で返信しています。昨今の情報社会において、「ネットリテラシー」が身についていない「10~20代」などが、他者の間違った情報に踊らされてしまう「ケース」もあると持論を展開し、「「批判するような残念な考え方の人は一定数いることは仕方がないのかもしれない」と理解を示しました。その上で、「グループ」の存在意義とは、応援してくれる人たちの心や生活を「ほんの少し楽しく豊かにすること」だと明言しました。

ジャニーズ」の「ファン」といえば、「グループ」ではなく「メンバー個人」のみを応援する「“オンリーファン”」の存在が昨今目立っており、「KinKi Kids」では「堂本光一さん」だけを支持する「ファン」、「堂本剛さん」のみの「ファン」が、それぞれ対立関係となっているようです。

KAT-TUN」も「亀梨和也さん」の「オンリーファン」が「ネット上」でさまざまに発言して荒れたり、脱退した「メンバー」と、「現メンバー」の「ファン同士」で内紛がある様子です。「中丸雄一さん」はそんな状況を察知しているようで、「「メンバーのことでファンが小競り合いするんじゃないよ」とつづったこともあります。

中丸雄一さん」の回答を見る限り、「ファン」は揉めることなく「“楽しみながら応援してほしい”」と、願っているのでしょう。活動再開にあたり、「解散して」という過激な要望を送った「ファン」の狙いは知るよしもないですが、「アンチ」とも受け取れる質問が今後も届き続けると、「中丸雄一さん」の心労が心配です。「メッセージ」の検閲など、事務所側の対応にも期待したいですね。

充電期間」を経て「活動再開」を宣言した「KAT-TUNメンバー」に対して「解散要望」する「ファン」が居るのなら耳を疑いたくなりますよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。