木村拓哉さん★Koki,さん報道で露呈した★家庭内ポジション★工藤静香さん暗躍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉さん★Kokiさん報道で露呈した★家庭内ポジション★工藤静香さん暗躍」の事をお伝えしたいと思います。

突然の「モデルデビュー」から「早1カ月各メディア」の注目の的となっている「木村拓哉さん」「次女Kokiさん」です。直後から、「工藤静香さん」の「“暗躍”」も一部で指摘され、「ジャニーズ事務所」も困惑気味と言われていましたが、すでに「木村拓哉さん」「サイド」からすれば、「意図していない流れ」になりつつあるといいます。

Kokiさん」の「モデルデビュー」は、「5月28日」発売の「女性ファッション誌」「エルジャポン」「ハースト婦人画報社」でした。そして同日付の「スポーツニッポン」が、彼女の両親が「木村拓哉さん」と「工藤静香さん」であることを報じたのでした。




本来であれば、「Kokiさん」の出自は、この「タイミング」で明かされる予定ではなかったようです。ある週刊誌が「出版社サイド」に「Kokiさん」についての取材を掛けたことをきっかけに、関係者がいち早く「スポニチ」に「情報リーク」を行ったと言われています。その関係者が、他ならぬ「工藤静香さん」自身らしいと内々に囁かれており、その線は「ジャニーズサイド」も疑っているようです。

その後、「Kokiさん」をめぐる「木村拓哉さん」夫婦の「スタンス」などが報じられることもありましたが、「親ジャニーズ」の「メディア」に共通しているのは「夫婦ともデビューに反対していた」という情報でした。

ですが一方で「アンチジャニーズ」の「メディア」は、「工藤静香さん」が「SMAP騒動での木村の人気凋落を恐れた」ために、娘の芸能界入りを仕掛けたと報じています。少なくとも「工藤静香さん」が、「Kokiさん」の芸能活動を支援しているのは確かなだけに、「アンチ系メディア」の言い分のほうが、やや信憑性がある状態のようです。




一方の「木村拓哉さん」「サイド」はといえば、「Kokiさん」の報道には極力名前が出てこないよう、要請を行っているのだといいます。

もともと「木村拓哉さん」は「アイドル」としての指針から、「工藤静香さん」をはじめ、家族について公の場で言及することを避けていますし、芸能活動についても反対していました。それだけに、「工藤静香さん」が「Kokiさん」の「バックアップ」をしているとなると、「木村拓哉さん」の家庭内での発言権のなさが露呈することになりかねないようです。「ジャニーズサイド」としては、それを一番嫌がっているのですが、すでに世間でも、この図式はほぼ浸透してしまっているようです。

結果的に、「Kokiさん」の「デビュー」は大きな「インパクト」を残し、いまや最も注目される「“二世タレント”」となっただけに、「工藤静香さん」もこの出だしにはさぞ満足していることでしょう。ですが一方で、印象操作にはやや「ミス」が目立っているだけに、「工藤静香さん」には娘だけでなく、もう少し「夫を立てる」「プロモーション」を意識した方がよいと提案したいですね。

どこの家庭も恐妻の強さには勝てない亭主が居るのは当たり前になりつつありますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。