堂本剛さん★お聞き苦しいかも★喉の異常を告白★ファンから心配続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本剛さん★お聞き苦しいかも★喉の異常を告白★ファンから心配続出」の事をお伝えしたいと思います。

KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「7月2日」深夜に放送され、「KinKi Kids堂本剛さん」が自身の喉の不調を訴えました。

KinKi Kids」が毎週交互に出演し、「MC」を務めるこの番組です。この日は「堂本剛さん」が登場し、「リスナー」から寄せられた「メッセージ」を読み上げていました。そんな中、番組開始直後に「堂本剛さん」が切り出したのは、自身の喉に関する話題でした。




オープニング」早々、普段と比べて少々小さい声で「若干喉が6日くらい前からちょっとイガイガしてまして」と告白した「堂本剛さん」です。別の「ラジオ番組」でも喉の不調を感じて咳をしていたことも明かし、「いまこれ出てる方なんですけど」と、数日前まで声を出すことすらままならず「カッスカス」な状態だったと述べていました。

また、病院に行ったところ、「鼻からねカメラ入れてね声帯見るんですけど」と、喉頭内視鏡の診察を受けたといい、その結果、「“喉にできたかさぶたが切れて悪さをしている”」という診断だったそうです。その後、「ステロイド剤」を打ち、医師から「48時間しゃべらない方が早く治る」と言われたものの、仕事を抱えていたためにそれを守ることはできなかった様子でした。「ラジオ収録時」には、ようやく少し声が出るような状態ですたが、まだ声は小さく、かすれていました。

堂本剛さん」は「ここで無視してぶり返したらもっと迷惑掛かるんで」と「スタッフファン」に対して申し訳なさそうに口にしつつ、「というわけでお聞き苦しいところがあるかもしれませんがご了承ください」と「リスナー」に理解を求めたのでした。




その後は、「ファン」から寄せられた「メッセージ」などを読み上げ、それに答えていたものの、「ファン」の感想はやはり喉に関することに集中しました。「ネット上」には「リスナー」から、「耳のことも含めいろいろストレスかかってるのかな心配」「ちょっと心苦しくなっちゃったこんなにも頑張ってくれてるのが申し訳なくて」「代わりのきかないお仕事だから体を第一に考えてほしい」といった心配の声が噴出していました。

突発性難聴や「パニック障害」などの病気も抱えている「堂本剛さん」です。「音楽的センス」に優れている一方で、難聴や喉の痛みに苦しめられるのは本人も「ファン」にもつらいことでしょう。「ファン」の思いは「無理しないでほしい」という「一点」だけに、「堂本剛さん」には休めるときにはゆっくり休養をとってほしいものですね。

ストレス」から来る体の不調は知らず知らずのうちに症状が重くなってくるのが怖いですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。