V6★新曲売り上げ低下★岡田准一さん&森田剛さんの結婚★ファン激怒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「V6★新曲売り上げ低下★岡田准一さん&森田剛さんの結婚★ファン激怒」の事をお伝えしたいと思います。

今年「3月」に「森田剛さん」が女優の「宮沢りえさん」と結婚し、「メンバー6人」のうち「4人」が既婚者になった「V6」です。「ジャニーズ」の「グループ」内では最多数となるも、「5月」には「シングル」「Crazy RaysKEEP GOING」を「リリース」するなど、「アイドル活動」も順調に続いています。ですがその一方で、新曲の売り上げをめぐって、「ファン」の間で論争が巻き起こっているといいます。

5月30日」発売の「Crazy RaysKEEP GOING」は、「V6」にとって「約1年」ぶりの「シングル」です。「Crazy Rays」が「井ノ原快彦さん」「主演ドラマ」「特捜9」「テレビ朝日系」の主題歌に起用され、「両A面」の「KEEP GOING」は「スペインサッカー 1718シーズン 2nd half」「WOWOW」の「イメージソング」となっています。「メンバー全員」が「アラフォー世代」になった今も、「ダンスパフォーマンス」にこだわりを持ち、「KEEP GOING」の「ミュージックビデオ」の「コンセプト」には「踊るV6」です。




そんな同作の初週売り上げは「8.1万枚」で、「6月11日」付の「オリコン週間シングルランキング」では「AKB48」の「Teacher Teacher」に負け、「2位」に「ランクイン」しました。販売形態は「通常盤初回盤AB」の「3種類」でしたが、前作「COLORS太陽と月のこどもたち」「同じく3形態」は初週「8.7万枚」のため、わずかに減少となりました。この売り上げ低下に、「一部」の「V6ファン」が反応を示したことで、波紋が広がっています。

メンバー」の「三宅健さん」は、「4月6月」いっぱいまで「タッキー滝沢秀明さん」との共演舞台「滝沢歌舞伎2018」に出演しており、「7月18日」には「三宅健さん滝沢秀明さん」による「KENTackey」名義での「シングル」「逆転ラバーズ」が発売になります。「リリース前後」には宣伝用の「テレビ雑誌」への出演も盛んになるとみられますが、ごく少数の人はこの「ユニット活動」に不満を抱いている様子で、「Twitter上」には「三宅さんV6の仕事に専念して」「けんたきの活動をしてる間V6はどうなるの呑気にユニットの活動してる暇があるの?」「三宅さんのことしか考えないファンがいるからV6の売り上げが落ちたんじゃないかな」といった「ツイート」が浮上しました。こうした発言が「ファン」の間で問題視されているようです。

投稿者はいずれも書き込みを削除したり、すでに「アカウント」を非公開設定に変えていますが、「ツイート」の内容は多くの「V6ファン」の目に触れることになりました。そのため、「KENTackeyのCD買うのとV6の売り上げは関係なくない健ちゃんの仕事の幅が広がるわけだし何が不服なんだろう」「V6の売り上げがガタ落ちしたのが健くんがKENTackeyの活動に専念してるからって思ってる人ホント怖い」「V6はシングル出たばかりだしユニットは期間限定V6には迷惑かけてません」と、多くの「ファン」が大激怒しています。




また、「岡田准一さん」はこれまで俳優として映画に集中する時期が多かった上に、「森田剛さん」は妻との「デート現場」を週刊誌などに「キャッチ」されているだけに、「「V6の仕事に専念してって映画何本もやってる岡田とかデートしまくってる剛くんに言うセリフじゃない?1番アイドルしてくれてるのは誰だと思ってるの?」「V6の売り上げが落ちたのは岡田と森田の結婚でしょ」「売り上げが落ちたのは紛れもなく結婚報告の積み重ね」と、主に新婚の「岡田准一さん森田剛さん」を名指しして批判する声も見受けられました。

近年の「V6」は、確かに個人での仕事が増えているものの、「6人」それぞれが別の場所で奮闘するからこそ、蓄えた力を「グループ」に還元できているのでしょう。「アイドル」を応援する中で「ファン」が不満や願望を持つのは仕方ないことですが、今後も温かい目で「V6」を見守ってほしいものですね。

CD」売上減少の影響が「メンバー」の結婚や「ユニット」に専念している影響でないことを祈りたいですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。