平野紫耀さん★琴経験者に何者なの★ファン絶句

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「平野紫耀さん★琴経験者に何者なの★ファン絶句」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「レギュラーコーナー」「KingPrince GINZA DEBUT!」を担当している「KingPrince」です。「7月26日」は、「平野紫耀さん」と「岩橋玄樹さん」が「ドラム尺八」の「3つ」の楽器に挑戦し、最後に「セッション」を披露しました。

まず「ドラム」に挑戦することになった「平野紫耀さん」は、「グループ内でもリズム感ない2人ですからね」と自信なさげです。「岩橋玄樹さん」に関しては、「同コーナー」で「アフリカ」の民謡楽器に挑戦した際、「センス」のなさが露呈してしまったことから「リズム感に難あり」と「テロップ」で「イジラ」れる始末です。




案の定、「岩橋玄樹さん」は基本である「8ビート」すらできず、先生も「全部ダメですね」と辛口評価です。「もうちょい練習すれば平野君はいけそうな気がする」という先生に、「おれの希望ゼロ」と自信を失くしてしまったようでした。

続いては、伝統的な日本の曲「さくらさくら」を琴で弾いてみることになりましたが、歌いながら弾く「岩橋玄樹さん」の音程は「ズレ」ており「自分の音程違ったよね?」と「平野紫耀さん」から鋭い「ツッコ」みがありました。ですが、なんとか最後まで弾くことができ「筋がいいですね」と褒められた「岩橋玄樹さん」は「うれしい」と満足げです。

一方の「平野紫耀さん」、実は中学時代に琴を弾いた経験があるようで、それを買われて琴担当になります。「セッション披露」のため、「ロケ」の合間にみっちり「1時間」練習していたようですが、「ファン」からは「平野が琴経験者とは何事」「ねぇ琴までサラッと弾ける平野紫耀って何者なの?」「琴弾けるなんて人類最強じゃない?」「かっこよく和装で琴を弾く平野くんも素敵」と驚きと感嘆の声が上がっていました。

そして、最後に「2人」が挑戦したのは尺八です。その中でも「虚無僧尺八」という尺八に挑戦し、「虚無僧スタイル」である「“”」を被って登場します。もはや顔がまったく見えない「2人」の姿に、「ファン」はがっかりしたかと思いきや、意外にも「虚無僧ひらいわコンビ可愛かった!」と「2人」の仕草が可愛いと好評のようです。




そんな中、意外な才能を発揮したのが「岩橋玄樹さん」です。通常ならば、しっかり吹けるようになるまで最低「3年」はかかり、初心者ともなれば音すら出ないといいます。ですが、なんと「岩橋玄樹さん」は音を出すことに成功し、「出ない予定だったんだけど」と、先生をも驚かせる才能をのぞかせていたのでした。

琴の「平野紫耀さん」、尺八の「岩橋玄樹さん」と決まり、人数の足りない「ドラム」は、「同コーナー1回目」で登場した猿の「“リキ先輩”」が担当しました。そして披露された「たなばたさま」は、まぁまぁ様になっている「平野紫耀さん」の横で、演奏というにはほど遠く、ただ「ブーブー」と一定の音を吹き続ける「岩橋玄樹さん」と、「ドラム」を叩く猿という、なんとも「シュール」なものになりました。

それでも、最後は満足げに「リキ先輩」と「ハグ」を交わし、「すげぇ可愛い」とすっかり「メロメロ」の「平野紫耀さん」と、「ギュッ」と抱きしめる「岩橋玄樹さん」の姿に、「SNS上」では「ひらいわとリキ先輩の抱擁が優しさにあふれててめちゃ素敵」「ひらいわ回本当にかわいいかったお猿さんをギューッとする2人とも天使」「ひらいわ×リキ先輩可愛すぎてしんどいハグが優しすぎるよ~」という「ファン」の声が続出しました。笑顔に癒やされた人が多かったようです。

ひらいわ」「2人」の隠れた才能がこれから先にも発揮されるような気がしますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。