重岡大毅さん★腹立つわとメンバー批判★THE MUSIC DAY★撮影ウラ話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「重岡大毅さん★腹立つわとメンバー批判★THE MUSIC DAY★撮影ウラ話」の事をお伝えしたいと思います。

ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティー」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」の「bayfm」「7月7日」深夜放送は、「中間淳太さん」と「重岡大毅さん」の「2人」が「パーソナリティー」を担当しました。同日に生放送された「櫻井翔さん」が総合司会の「テレビ音楽番組」「THE MUSIC DAY 伝えたい歌」「日本テレビ系」内で、「スペシャル企画」として行われた「AR」の撮影裏話について語りました。

「“AR拡張現実企画”」は、番組で「パフォーマンス」した「8月15日リリース」の新曲「スタートダッシュ!」に合わせて、専用の「アプリ」を起動させると自宅に「ジャニーズWEST」が現れるというものです。「ARアプリ」を起動すると、「サッカーシュート」を決める「ジャニーズWEST」が現れる仕組みで、「ファン」にはうれしい企画だったようです。




その撮影時を振り返り、「どうやったんやろね僕らはまだ完成を見られてないですから」と、「ラジオ収録日」はまだ完成したものを確認していないと「2人」で話していました。「重岡大毅さん」は「みんなでパスをつなぐ演出ってなってもう10テイク 15テイクやりました」と、悪戦苦闘しながら撮影に挑んでいたことを明かしました。「「サッカーやってたんやけどなぁボールがなかったから意外とできんかった」と、「サッカー経験者」でも難しかったようです。

一方で、「中間淳太さん」は「俺はもう頭使ったからヘディングでボールを受けてから、「ヘディングシュートがすぐできた!」とうれしそうに報告しました。「くっそー実際やったら絶対できへんのにな腹立つわ」と悔しがる「重岡大毅さん」の横で「ボールがないからできちゃうんだな」と自慢げに「コメント」しました。

すると「重岡大毅さん」は「振り付けでもさサッカーの相手をドリブルで抜く「“シザース”」って技をやってるやん」と曲の振り付けについても言及し、「あれを淳太が颯爽とやってるけどあれもボールがあったらできへんねんな」と思っていたこと告白し、笑いを耐えきれず吹き出していました。




「重岡大毅さん」にこうして「イジ」られるほど、「中間淳太さん」の運動神経は「ジャニーズ」内でも屈指の「音痴」といわれ、それゆえ、「中間淳太さん」自身は「バーチャル」とはいえ「サッカー」ができたことがうれしかったのかまんざらでもない様子でした。

そんな「中間淳太さん」の様子を見た「重岡大毅さん」は、今度は過去にバレーボールをした時の話に言及し、「「「自分はバレー部やバレー部やバレーできるバレーできる!」って言って全然できんかったやん」と、「チクリ」でした。すると「だってあれ内申書のために入ったから」と開き直りつつ、「やってたよちゃんと」「中3の 2学期だけ」と白状した「中間淳太さん」でした。

放送で「AR」を楽しんだ「ファン」からは、「運動音痴の淳太くんがヘディングしてるんだけどこれ本当にあの中間淳太くんかって確認した」「ARの淳太くんサッカーできるんだ〜!! ってびっくりしてたら合成だったのね」」「ARのやつってボールなしの撮影やったの!? だから運動音痴さんもあんな華麗な技ができてたのか」と、驚きと納得の声が上がることとなったのでした。

ジャニーズアイドル」も人の子です。得意な分野もあれば当然苦手な分野もあるのは仕方のないことですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。