NEWS★THE MUSIC DAY★チャンカパーナ中止★ファン嘆き&怒り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「NEWS★THE MUSIC DAY★チャンカパーナ中止★ファン嘆き怒り」の事をお伝えしたいと思います。

小山慶一郎さん加藤シゲアキさん手越祐也さん」が未成年の女性と飲酒したとされる問題を受け、「20日間」ほど「グループ活動」を停止していた「NEWS」です。「7月7日」放送の「THE MUSIC DAY 2018伝えたい歌~」「日本テレビ系」では、「小山慶一郎さん」の仕事復帰後、初めて生放送の番組に出演を果たしました。番組では例年同様、「ジャニーズの先輩後輩」と共に歌と「ダンス」の「パフォーマンス」を披露したものの、騒動の余波によって「NEWS」の「“見せ場”」に変更が生じていたようです。

この日、「羽鳥慎一アナウンサー」の紹介を受けて「ステージ」に現れた「NEWSメンバー」でした。「小山慶一郎さん」は「カメラ」前を通過する際に頭を下げており、過去に同局系の番組「未来シアター」「チカラウタ」などで共演した「羽鳥慎一アナウンサー」が腰のあたりを「タッチ」して気遣う一幕もありました。また、総合司会の「櫻井翔さん」は「おーいNEWS!」と声をかけた後で、「よろしくね」と言いながら「一人」ひとりと握手しました。最後の「小山慶一郎さん」には「よろしく頼むよ」と伝え、「トーク」に移りました。




その後、「NEWS」は「加藤シゲアキさん」主演の「7月期ドラマ」「ゼロ 一獲千金ゲーム」の主題歌に起用された新曲「生きろ」を熱唱しました。曲が終わった時、「櫻井翔さん」は「NEWSの皆さんありがとうございました~」と通常通り進行する傍ら、「4人」に「頑張れよ」とつぶやき、「エール」を送っていました。

NEWS」と「」といえば、「手越祐也さん」の「“口パク批判”」が注目を集めたばかりです。「週刊文春」「文藝春秋6月14日」発売号によると、「手越祐也さん」は昨年「12月」に友人らと飲んでいる席で「CHEMISTRY」の「Wings of Words」を「カラオケ」で歌う中、「いちばーん嵐のファンが多いけど~♪ 京ドームで口パク聞いてる~♪」と、歌詞を変えて楽しんでいたようです。これが「双方ファン」の間で波紋を呼んだため、今回の握手対応に、「「共演NGになるのかなと不安だったけど翔くんが握手してくれてうれしかった」「翔くんの行動はベストだと思う激励の握手ができるのは男の中の男」と絶賛の声もあれば、「翔くんの握手意味深すぎる」「握手ちょっと怖かった優しさかもしれないけどテレビの前でやらないでほしい」と、否定的な反応も出ているようです。

このほか、「4人」はそれぞれ「ジャニーズ平成30年間メドレー」の「シャッフルユニット企画」に参加し、「パフォーマンス」を披露しました。ですが、これらのほかにも「NEWSメンバー」の活躍の場は用意されていた、と「ファン」の間で騒ぎになっています。




実は放送の「1週間」ほど前、「番組公式サイト」にあった「NEWS」に関する記載がなくなっていると判明しました。「サイト」には、番組内の「コーナー」「みんなマネしたあの振り付けメドレー」の曲目が書かれていて、一時的に「AKB48」の「恋するフォーチュンクッキー」と、「PUFFY」の「渚にまつわるエトセトラ」の間に、「NEWS」の「チャンカパーナ」が入っていたそうです。ですが、その後なぜか「リスト」から「チャンカパーナ」の部分が消えたため、「NEWSファン」が気を揉む事態になりました。実際、「オンエアー」では「チャンカパーナ」の披露はなく、「DA PUMP」が話題の新曲「U.S.A」を歌っていました。「公式サイト」にも、「6月末」の時点で記載があったとされる「チャンカパーナ」の位置に、「U.S.A」の文字が確認できます。

スキャンダル」の影響で変更された可能性が高いだけに、多くの「ファン」が「騒動がなければもう1曲歌ったり振り付け企画でチャンカパーナ歌えたのかな」「振り付けメドレー本当はチャンカパーナのはずだったのに」と嘆いています。中には、「「MUSIC DAYで持ち歌を1曲しか披露できなかったのは小山のせいだ。「チャンカパーナがあったのになくなってたし大迷惑」と、「小山慶一郎さん」を名指しで批判する声もありました。

一部メンバー」の素行不良が発端となり、「ファン」を悲しませている「NEWS」です。「デビュー15周年」の節目といえど、今後も険しい道のりが待っているのかもしれないですね。

不祥事の影響で「NEWS」の活動が制限されているのが事実なら今は我慢のしどころなのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。