萩本欽一さん★香取慎吾さんにエール★もっとたくさんできることがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「萩本欽一さん★香取慎吾さんにエール★もっとたくさんできることがある」の事をお伝えしたいと思います。

タレント」の「萩本欽一さん」と「元SMAP」の「香取慎吾さん」がこのほど、都内の「スタジオ」で「日本テレビ系バラエティ特番」「欽ちゃん&香取慎吾の第95回全日本仮装大賞」「2月3日19:00~20:54」の取材に応じ、「萩本欽一さん」が「香取慎吾さん」に「もっとたくさんできることがある」と「エール」を送りました。

2002年」から同特番で「タッグ」を組む「2人」ですが、「香取慎吾さん」が「欽ちゃんは最近すごく元気になりました数年前に一時ちょっと危ないのかなと思ったんですけど」」と毒づくと、「萩本欽一さん」は「そういうこと言える仲になったのは最近だよね」と言いながら、「おかしいだろ!」と「ツッコミ」ました。




また、「萩本欽一さん」は「一番、「慎吾がびっくりした顔を見たのが、「4年前の香取誕生日に37歳って聞いて、「いいなぁ俺人生の中で最高の年齢が37だった。「慎吾これからだよなぁって言ったらすごい顔してたあれから少し変わりすぎだよおまえ」」と環境の変化を指摘し、「香取慎吾さん」も「そうですね」と同意しました。

さらに、かねてから「萩本欽一さん」は、「香取慎吾さん」に対して、「「スーパースターなんだからもっと図々しくやればいいのにと思ってたんだけどすごく気をつかうのね」と思っていたそうです。それが、今回の収録では「結構図々しくやってるんで僕の理想の慎吾とやってるなと思って新鮮な回でしたね」と手応えを語りました。

一方で、あらためて「香取慎吾さん」との関係について聞かれると、「面白くて好きなタレント」。でももっとたくさんできることがあるそこへ目線を連れて行ってあげたいそっちに気がついて飛んでってほしい」と歯がゆく思っている様子でした。「誰かこの可能性を番組にする人いないのかな?って思う時があるの」と要望しました。




その「香取慎吾さん」は、「萩本欽一さん」について「自分がまだまだなんだなと思わせてくれる憧れのモンスターですね」と表現しました。「昔の番組の話をしてあれはどうだったんですか?」って聞くと、「数字が40%しかなかったからなぁみたいな」」と、「スケール」の違いを見せつけられることを明かしました。

一般応募の参加者が「ゼロ」から仮装を作り上げて披露する同特番です。今回は、応募総数「3,316組」から地方予選を勝ち抜いた「35チーム」が本戦に出場し、どの参加者も一生懸命準備して臨んみましたが、「梅沢富美男さん陣内智則さんブルゾンちえみさん」といった審査員が、歴代優勝者や「レジェンド」にも厳しい採点を展開し、容赦ない「辛口コメント」が繰り出されました。

来年には「40年目」に突入しますが、今後の構想について質問が飛ぶと、「萩本欽一さん」は「それは慎吾に聞いてください私はすぐ死にます」」と「パス」しました。その「香取慎吾さん」は「生放送でやりたいですね緊張感の中で出場者もスタッフもみんなしてドタバタしてるのが仮装大賞っぽい。「バラエティ番組がどんどんきれいになってる気がするので、「仮装大賞の必死な一生懸命さが昔みたいにできたら楽しいですね」と意欲を語っていました。

名コンビ」だからこそここまで言い合えるのは素晴らしい関係の表れですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。